メモリーズ・オブ・サマー

今後の上映作品
[上映日程]8/24~30 (休館:8/26) *一週間限定上映

“ 少年はあの日、遠い母の背中に夏が通り過ぎていくのを見ていた。"


それは、ぼくが子どもでいられた最後の夏だった——
甘酸っぱく、どこかなつかしい、新しい夏休み映画が誕生した

[解説]
1970年代のポーランドを舞台に、夏休みを過ごす12歳の少年の姿を通して、子どもと大人の狭間で揺れ動く少年の忘れられないひと夏を描いたドラマ。70年生まれのアダム・グジンスキ監督が自身の体験をもとに、思春期の痛々しさを切実に映し出す。監督のアダム・グジンスキはポーランド映画界期待の新星。日本初紹介となる本作が長編第2作に当たる。

[あらすじ]
ポーランドの小さな町で暮らす少年ピョトレックは、父が出稼ぎで外国へ行っている間、母とふたりきりで過ごす夏休みを存分に楽しんでいた。しかし母はピョトレックを家に残して毎晩出かけるようになり、仲の良かった母子の間に不穏な空気が漂い始める。そんな中、ピョトレックは都会から来た少女マイカに好意を抱くが、彼女は町の不良青年に夢中になる。それぞれとの関係に失望しながらも、自分ではどうすることもできず戸惑うピョトレック。やがて、大好きな父が帰ってくるが……。

『メモリーズ・オブ・サマー』
[2016年/ポーランド/カラー/83分]
監督・脚本:アダム・グジンスキ
撮影:アダム・シコラ
音楽:ミハウ・ヤツァシェク
録音:ミハウ・コステルキェビッチ
出演:マックス・ヤスチシェンプスキ、ウルシュラ・グラボフスカ、ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ
原題:Wspomnienie lata
配給:マグネタイズ
配給協力:コピアポア・フィルム
© 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SILESIA FILM, EC1 Łódź -Miasto Kultury w Łodzi

公式サイト: memories-of-summer-movie.jp

ピックアップ記事

関連記事一覧