戦雲(いくさふむ)【4/19~5/2】*4月のPICK UP MOVIE

現在上映中の作品
[上映日程]4/19~5/2(休映:4/22、30)

“「国防」をうたい棄民亡国へ突き進む人々へ
 島々から平和への切なる願いをこめて ”

軍事要塞化する南西諸島。圧殺されるのは沖縄の声だけではない———
『標的の村』『沖縄スパイ戦史』三上智恵監督、渾身の最新レポート

[INTRODUCTION]
本当の「国防」とは何か?
圧殺されるのは沖縄の声だけではない

沖縄本島、与那国島、宮古島、石垣島、奄美大島──この美しい島々で、日米両政府の主導のもと急速な軍事要塞化が進行している。自衛隊ミサイル部隊の配備、弾薬庫の大増設、基地の地下化、そして全島民避難計画……。2022年には、「台湾有事」を想定した大規模な日米共同軍事演習「キーン・ソード23」と安保三文書の内容から、九州から南西諸島を主戦場とし、現地の人々の犠牲を事実上覚悟した防衛計画が露わになった。しかし、その真の恐ろしさを読み解き、報じるメディアはほとんどない。全国の空港・港湾の軍事拠点化・兵站基地化が進められていることをどれほどの日本人が知っているか。本当の「国防」とは何か。圧殺されるのは沖縄の声だけではない。

『標的の村』『沖縄スパイ戦史』三上智恵監督
6年ぶり、渾身の最新作

本作は2015年から8年かけ沖縄・南西諸島をめぐり取材を続けてきた映画監督でジャーナリストの三上智恵による渾身の最新レポートである。タイトルは、山里節子さんが「また戦雲(いくさふむ)が湧き出してくるよ、恐ろしくて眠れない」と歌った石垣島の抒情詩とぅばらーまの歌詞に由る。映画が映し出すのは、民意を置き去りにしたままなし崩し的に進む戦力配備の実態だけではない。過酷な歴史と豊かな自然に育まれた人々の暮らしや祭り──それらこそ、まやかしの「抑止力」の名のもとで今まさに蹂躙されようとしているかけがえのない何かであり、私たちの希望と祈りの源にほかならない。

『戦雲』
[2024年/日本/132分]
監督:三上智恵
語り:山里節子
プロデューサー:橋本佳子、木下繁貴
撮影:上江洲佑弥
編集:青木孝文
監督補:桃原英樹
CG:比嘉真人
イラスト:山内若菜
音楽:勝井祐二
製作協力:沖縄記録映画製作を応援する会
製作:DOCUMENTARY JAPAN、東風、三上智恵
配給:東風
(C)2024『戦雲』製作委員会

[上映時間]

4月の PICK UP MOVIE !

▼こちらも合わせてご鑑賞ください!
マスコミが報道できない 沖縄ー基地問題。その全てを語る!『沖縄狂想曲』

沖縄狂想曲【4/19~25】

[公式サイト]
ikusafumu.jp

ピックアップ記事

関連記事一覧

Facebook