ショック・ドゥ・フューチャー【10/9~22】

今後の上映作品
[上映日程]10/9~22(休映:10/14、18)

“ 彼女はまだ知らない──
 エレクトロ・ミュージックの幕開けを。”

1978年、パリ。誕生したばかりの電子楽器に魅せられ、未来的な音の響きに心躍らせる、若き女性ミュージシャンと友人たちの一日を描く青春音楽映画。

[解説]
1970年代後半。時はエレクトロ・ミュージックの世界的なブレイク前夜。シンセサイザーやリズムマシン、シーケンサーなどの電⼦楽器が普及し始め、⽇本でもYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)が結成された頃。未来的な⾳の響きに⼼躍らせる女性ミュージシャンのアナと友⼈たちを、エモーショナルに描く。主演は映画監督のアレハンドロ・ホドロフスキーを祖父に持ち、モデルとしても活躍するアルマ・ホドロフスキー。男性優位の⾳楽業界で奮闘するアナを熱演。監督は⾳楽ユニット「ヌーヴェル・ヴァーグ」の活動でも知られるマーク・コリン。スロッビング・グリッスル、スーサイド、ディーヴォ、ザ・フューチャーakaヒューマン・リーグなど、70年代後半を象徴する楽曲の数々も聴き逃せない。

[あらすじ]
1978年、パリ。若⼿ミュージシャンのアナは、部屋ごと貸してもらったシンセサイザーで、依頼されたCMの作曲にとりかかっていたものの、納得のいく曲が書けずにいた。すでにプロデューサーと約束した締め切りは過ぎ、明日の朝クライアントに提出しなければならない担当者は、何度も急かしにやって来る。なのに、シンセサイザーの機材が壊れ、修理を呼ぶ羽目に。しかし、修理に来た技術者が持っていた日本製のリズムマシン(ROLAND CR-78)に魅せられたアナは、「これがあれば、ものすごい曲を作れる」と頼み込んで貸してもらう。そこへCM曲の収録用に依頼されていた歌手のクララが現れ、話しているうちにアイデアが浮かんだ2人は即興で曲を作り始めた。果たして、大物プロデューサーも参加するはずの今夜のパーティまでに、アナは未来の音楽を完成させることができるのか──。

●たまらなく自分のスタジオに行って アナログシンセをいじりたくなりました(特に前半) ■石野卓球(DJ、プロデューサー)
●時代が変わりはじめる。 その起点となった時代を象徴的に描いた作品だ。 ■野田努(ele-king編集長)

『ショック・ドゥ・フューチャー』
[2019年/フランス/フランス語/シネスコサイズ/78分]PG-12
監督:マーク・コリン
脚本:エリーナ・ガク・ゴンバ
出演:アルマ・ホドロフスキー、フィリップ・ルボ、ジェフリー・キャリー、クララ・ルチアーニ、コリーヌ
原題:Le choc du futur
配給:アット エンタテインメント
©2019 Nebo Productions – The Perfect Kiss Films – Sogni Vera Films chocfuturjp.com

◎公式サイト:chocfuturjp.com

ピックアップ記事

関連記事一覧