僕の彼女は魔法使い

未分類

[上映日程]3/2~3、5~8、10、12~14、16、19~22

“愛の魔法が、世界を包む。”

千眼美子、待望の主演作!
この世界を絶対に守って見せる。「運命の人」とともに、「愛の魔法」で──。

[解説]
人びとの幸せを奪い去る黒魔術の脅威から、“愛の魔法”で世界を守る白の魔法使い。そんな彼女が、赤い糸で結ばれた「運命の人」を探し出し、時空を超えた戦いに立ち向かっていく。主人公の魔法使い・風花を演じるのは、「さらば青春、されど青春。」(18年)やアニメ映画「宇宙の法―黎明編―」(18年)での活躍も記憶に新しい千眼美子(清水富美加)、その恋人・優一役に「君のまなざし」(17年)で好評を博した梅崎快人を起用。魔法とは? 奇跡の力とは? そして“神の愛を信じる”とは──誰も体験したことがない感動作が誕生した。

[あらすじ]
「やっとみつけた!」──高校3年生のある日、優一のクラスに転校生の風花が現れる。そのときから、優一のまわりで不思議な現象が起きはじめる。そう、風花は魔法使い。しかも世界で最後の“白魔術の継承者”だったのだ。優一は戸惑いながらも次第に心惹かれていく。しかし、ある事件をきっかけに突然、風花は姿を消してしまう。それから5年後、二人は偶然に再会を果たすが──それは時空を超えた“白魔術と黒魔術の戦い”の始まりだった。

『僕の彼女は魔法使い』
[2019年/日本/カラー/97分]
製作総指揮・原案: 大川隆法
キャスト: 千眼美子、梅崎快人、春宮みずき、佐伯日菜子、高杉亘、不破万作
配給: 日活 配給協力: 東京テアトル
©2019 IRH Press

公式サイト: bokukano-maho.jp

ピックアップ記事