• HOME
  • ブログ
  • 現在上映中の作品
  • 河童のクゥと夏休み【8/6~27】*「週末こども映画館」選定作品/「うえだ子どもシネマクラブ」上映作品/フィルム上映/イベントあり/特別興行作品

河童のクゥと夏休み【8/6~27】*「週末こども映画館」選定作品/「うえだ子どもシネマクラブ」上映作品/フィルム上映/イベントあり/特別興行作品

現在上映中の作品

[上映日程]8/6~7、11、27
*チラシに掲載の上映スケジュールから大幅に変更になりました。ご注意ください。
*8月6日(土)15時10分からの回の上映後、バックヤードツアーを開催します(要予約/先着6名様まで/参加費¥500)。

“ 人間の友達ができちまった。”

[INTRODUCTION]
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』などで高い評価を受ける原恵一監督が、5年の制作期間を経て完成させた感動のアニメ超大作。児童文学作家、木暮正夫の「かっぱ大さわぎ」「かっぱびっくり旅」を原作に、現代によみがえった河童と少年のひと夏の交流を美しい日本の風景の中に描く。家族のきずなや友情、自然環境など現代社会で問題になっているテーマをさりげなく盛りこんだストーリーに心を揺さぶられる。

[STORY]
夏休み前のある日、小学校の帰り道に上原康一は大きな石を拾った。持ち帰って水で洗うと、何と中から数百年もの間地中に閉じ込められていた河童の子どもが出てきた!上原一家は、彼を「クゥ」と名づけ、家族の一員として迎え入れるが、長い歳月の間に環境が変化したこと、仲間の河童が1匹もいないことに驚きを隠せないクゥ。見かねた康一はクゥと一緒に、河童伝説の残る遠野に仲間探しの旅に出かける。一方、河童がいるという噂は徐々に広がりつつあり、世間はおおさわぎに・・・。

『河童のクゥと夏休み』
[2007年/日本/138分]
原作:木暮正夫
脚本・監督:原 恵一
キャラクターデザイン・作画監督:末吉裕一郎
美術監督:中村 隆
色彩設計:野中幸子
撮影監督:箭内光一
音楽:若草 恵
音響監督:大熊 昭
編集:小島俊彦
アニメーション制作:シンエイ動画
題字:武田双雲
配給:松竹
(C)2007 木暮正夫/「河童のクゥと夏休み」製作委員会

[鑑賞料金]
「週末こども映画館」選定作品につき、お子様同伴の大人1名1,200円
一般¥1,500/映劇特別会員一律¥1,000/その他通常通り
ただし本作は特別興行作品につき、年パス・回数券・福利厚生券、招待券、MTAチケットは利用できません。

[上映時間]

映画館で夏の思い出を! “バックヤードツアー” 開催のお知らせ。

「週末こども映画館」とは…
中学生までの年代の子どもたちを対象とした上映企画です。この年代のうちに鑑賞して欲しい世界の名作映画を新旧問わず選定し、月に1本、週末限定で上映する映劇オリジナルのプログラム。週末の午前中を子どもたちのために解放し、好奇心旺盛な元気いっぱいのこどもたちと、優れた映像作品との幸福な出合いの場をつくります。大人の皆様も楽しんで頂けるように、そしてここからさらに世界が広がるように、なるべくレギュラープログラムとの関連性はゆるやかにもたせつつ、こどもたちには「映画って楽しい!」というシンプルな感動から、世界の多様さが体感的に伝わるようなプログラム編成に努めます。上映は基本的に週末の午前中を予定しています。鑑賞料金は高校生以下500円。お子様連れの大人の方1名1,200円です。時々ワークショップをやったりゲストに素敵なお兄さんやお姉さんを呼んだりすることもあるかもしれません!?
映画館に行く機会がめっきり減ってしまった子育て世代の皆様、週末はちょっぴり早起きして、月に1本、お子様と劇場の大きなスクリーンで気兼ねなく映画を楽しみませんか?映画が終わる頃には街もにぎやか。そのままお子様と月イチの街ブラなんて、きっと楽しいと思います。

[注意事項]
一般の大人の皆様もご鑑賞頂けますが、笑い声や泣き声といった子どもたちの感情表現にご理解ください。
上映日程は予告なく変更になる場合もございます。ご鑑賞前にはHPかお電話で最新の上映日程をご確認の上お出かけください。

週末こども映画館について

ピックアップ記事

関連記事一覧