火口のふたり

今後の上映作品
[上映日程]12/10~22(休映:12/16)

「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」

 身体の言い分に身を委ねる、男と女

[解説]
直木賞作家・白石一文が男と女の極限の愛を描いた小説「火口のふたり」を、柄本佑と瀧内公美の共演で実写映画化。『幼な子われらに生まれ』『共喰い』などの名脚本家で、本作が監督第3作となる荒井晴彦が監督・脚本を手がける。

[あらすじ]
十日後に結婚式を控えた直子は、故郷の秋田に帰省した昔の恋人・賢治と久しぶりの再会を果たす。新しい生活のため片づけていた荷物の中から直子が取り出した1冊のアルバム。そこには一糸纏わぬふたりの姿が、モノクロームの写真に映し出されていた。蘇ってくるのは、ただ欲望のままに生きていた青春の日々。「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」直子の婚約者が戻るまでの五日間。身体に刻まれた快楽の記憶と葛藤の果てに、ふたりが辿り着いた先は──。

『火口のふたり』
[2019年/日本/115分]R18+
出演:柄本佑、瀧内公美
原作:白石一文「火口のふたり」(河出文庫刊)
脚本・監督:荒井晴彦
エグゼクティブプロデューサー:森重晃
プロデューサー:田辺隆史
撮影:川上皓市
編集:洲﨑千恵子
助監督:竹田正明
写真:野村佐紀子
絵:蜷川みほ
音楽:下田逸郎
制作プロダクション:ステューディオスリー
配給:ファントム・フィルム
©2019「火口のふたり」製作委員会

◎公式サイト: kakounofutari-movie.jp

ピックアップ記事

関連記事一覧