ひかりの歌

今後の上映作品
[上映日程]6/29~7/5(休館:7/4)

“ だれかをおもう気持ちが
 この世界のひかりになる ”

[解説]
詩人・吉増剛造らから激賞されたデビュー作『ひとつの歌』以来となる杉田協士監督の長編最新作『ひかりの歌』。歌人の枡野浩一と映画監督の杉田協士が、映画化を前提に開催した「光」をテーマにした短歌コンテストで、1200首のなかから選出した4首の短歌を原作に制作した4章からなる長編映画。それぞれ孤独のなかを生きる主人公4人の女性を、ときに静かに、やさしく包む光がある。この世界で生きるための支えになるささやかな光のありかを描き出す。

[あらすじ]
都内近郊に住む4人の女性、詩織、雪子、今日子、幸子は、それぞれ誰かを思う気持ちを抱えながら、それを伝えられずに日々の生活をつづけている。旅に出てしまう同僚、他界した父親、閉店が近いアルバイト先の仲間、長い年月行方知れずの夫のことを思いながら、彼女たちは次の一歩を踏みだしていく。

『ひかりの歌』
[2017年/日本/カラー/153分]
出演:北村美岬、伊東茄那、笠島智、並木愛枝
監督・脚本:杉田協士
原作短歌:加賀田優子、後藤グミ、宇津つよし、沖川泰平
撮影:飯岡幸子
音響:黄永昌
編集:大川景子、小堀由起子
音楽:スカンク/SKANK
カラリスト:田巻源太
写真:鈴木理絵
題字:岸野統隆
配給協力・宣伝:髭野純
宣伝:平井万里子
宣伝デザイン:篠田直樹
webデザイン:岸野統隆
英語字幕制作:長谷川美樹 AC Crawford
配給:Genuine Light Pictures
製作:光の短歌映画プロジェクト
© 光の短歌映画プロジェクト

公式サイト: hikarinouta.jp

◎公開初日舞台あいさつ決定!!

上映初日の6月29日(土)10時の回の終了後に、第4章に主演されている並木愛枝さんによる初日舞台挨拶を実施致します。

並木愛枝(なみき あきえ)
埼玉県所沢市出身。10代から小劇場を中心に舞台俳優として活動。その中で高橋泉、廣末哲万からなる映像ユニット“群青いろ”と出会い、結成当初より現在に至るまで彼らの作品に出演し続けている。代表作『ある朝スウプは』、『14歳』(第22回高崎映画祭・最優秀助演女優賞受賞)では両作共にヒロインを務めた。若松孝二監督作『実録・連合赤軍~あさま山荘への道程~』では永田洋子役の演技が高く評価され、第2回アジア太平洋映画賞・最優秀女優賞アジアの5人に選出された。

ピックアップ記事

関連記事一覧