コロンバス【6/9~21】

今後の上映作品
[上映日程]6/9~21(休映:6/18、20)

美しいこの街で二人は出逢い、そしてまた歩き出す…

モダニズム建築への恋文とも言うべき映像美、
小津安二郎にオマージュを捧げたコゴナダ監督作品

[解説]
これまで、R・ブレッソンやA・ヒッチコックなど監督についてのドキュメンタリーを撮り、小津映画に欠かせない脚本家の野田高悟に因んでコゴナダと名乗る新進監督による長編デビュー作。サンダンスで公開した本作で注目を集め、2020年にはコリン・ファレル主演、A24製作による最新作『After Yang』が公開予定。主人公のジンを演じるのは『スター・トレック』『search/サーチ』のジョン・チョー。ケイシー役には『スプリット』『スウィート17モンスター』のヘイリー・ルー・リチャードソン。エーロ・サーリネン、エリエル・サーリネン、IMペイ、リチャード・マイヤー、アレキサンダー・ジラルド…、舞台はモダニズム建築の宝庫として知られるインディアナ州コロンバス。

[あらすじ]
韓国系アメリカ人のジンは、講演ツアー中に倒れた高名な建築学者の父を見舞うため、モダニズム建築の街として知られるコロンバスを訪れる。父の回復を待ちこの街に滞在することになったジンは、地元の図書館で働く建築に詳しい女性ケイシーに出会う。父親との確執から建築に対しても複雑な思いを抱えるジンはコロンバスに留まることを嫌がり、一方でケイシーは薬物依存症の母親の看病を理由にコロンバスに留まり続ける。どこまでも対称的な二人の運命がこの街で交錯し、たがいの共通項である建築を巡り、語ることで、それぞれの新しい人生に向かって歩き出す…。

『コロンバス』
[2017年/アメリカ/英語·韓国語/103分]
監督・脚本・編集:コゴナダ
撮影:エリシャ・クリスチャン
音楽:ハンモック
出演:ジョン・チョー、ヘイリー・ルー・リチャードソン、ロリー・カルキン、パーカー・ポージー、ミシェル・フォーブス
原題:COLUMBUS
配給:ブロードウェイ
©2016 BY JIN AND CASEY LLC ALL RIGHTS RESERVED

◎公式サイト:columbus.net-broadway.com

ピックアップ記事

関連記事一覧