ブルーを笑えるその日まで【順次】

今後の上映作品
[上映日程]順次(休映:未定)

“ ひとりぼっちの女の子が出会ったのは、ひとりぼっちの私でした。”

魔法の万華鏡で繋がる二人だけの青春ファンタジー物語

[INTRODUCTION]
本作は、自身のコンプレックスであった中学時代の記憶をモチーフに学校という小さな世界で感じる孤独へ向けて、監督自身が夢を叶える映画だ。武田かりん監督は、本作が初長編作品ながら「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2023国内コンペティション長編部門」にノミネートされるなど今後の活躍が期待されている。主人公のアンを演じるのは渡邉心結、もう一人の主人公のアイナを演じるのは角心菜。本作が映画初主演となるフレッシュな二人が鮮やかに演じている。また、主題歌のRCサクセションの名曲『君が僕を知ってる』が、二人の苦しみに優しく寄り添う。「映画というタイムマシーンに乗って、あの頃の私と君の元へ届けたい」そんな切実な想いが詰まった “夏休み青春ファンタジー映画” が誕生した。

[STORY]
安藤絢子(アン)は学校には馴染めない、ひとりぼっちの中学生。薄暗い立ち入り禁止の階段が唯一の居場所だった。そんなある日、不思議な商店で魔法の万華鏡を貰う。それを覗くと立入禁止の扉が開きその先の屋上には同じ万華鏡を持った生徒、アイナがいた。二人はすぐに仲良くなり夢のような夏休みを送るのだが、屋上には「昔飛び降り自殺した生徒の幽霊が出る」という噂があった。その幽霊がアイナなのではないかと疑念を抱きながらもお互いにとってかけがえのない存在になっていくのだが・・・

『ブルーを笑えるその日まで』
[2022年/日本/シネマスコープ/99分]
出演:渡邉心結、角心菜
脚本・監督:武田かりん
主題歌:RCサクセション「君が僕を知ってる」(Licensed by USM JAPAN, A UNIVERSAL MUSIC COMPANY)
配給:映日果人/配給協力:SPOTTED PRODUCTIONS
©2023 ブルーを笑えるその日まで

[上映時間]
*準備中

[公式サイト]
bluewo2023.com

ピックアップ記事

関連記事一覧

Facebook