• HOME
  • ブログ
  • 今後の上映作品
  • ソング・オブ・ザ・シー 海のうた【9/14~】*カートゥーン・サルーン25周年特集上映/「週末こども映画館」対象作品/うえだ子どもシネマクラブ上映予定作品

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた【9/14~】*カートゥーン・サルーン25周年特集上映/「週末こども映画館」対象作品/うえだ子どもシネマクラブ上映予定作品

今後の上映作品
[上映日程]9/14~ *予定/カートゥーン・サルーン作品を日替わり上映

“ 忘れないで 母さんは あなたのことが大好き ずっと ”

母が残した“うた”を頼りに、幼いふたりの大冒険が始まる!
アイルランド神話の壮大な物語の先に、二人が選んだ未来とは──。

[INTRODUCTION]
アイルランドの神話をベースに、妖精の母と人間の父の間に誕生した兄妹が繰り広げる冒険を描くアニメーション。主人公の少年と妹が、失われつつあるマジカルワールドへと足を踏み入れる姿を映し出す。監督を務めるのは、北アイルランド出身で、本作が2作目のアカデミー賞長編アニメ賞ノミネート作となったトム・ムーア監督。彼らの冒険の行方と、映像美に引き寄せられる。

[STORY]
小さなベンは、いつもいろいろなおとぎ話や歌を教えてくれる心優しい母親ブロナーと、父親コナーと共に海沿いにある灯台の家で暮らしていた。赤ちゃんの誕生を心待ちにしていた彼は、ある晩、母に海の歌が聞こえる貝の笛をプレゼントされ、大喜びして笛を抱きしめたまま眠りに落ちる。翌日彼が起きると、妹のシアーシャを残したまま、母の姿はなく……。

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』
[2014年/アイルランド=ルクセンブルク=ベルギー=フランス=デンマーク/93分]
監督・原案:トム・ムーア
脚本:ウィル・コリンズ
美術:エイドリアン・ミリガウ
編集:ダラ・バーン
音楽:ブリュノ・クレ、KiLA
歌:リサ・ハニガン、ノルウェン・ルロワ
配給:チャイルド・フィルム、ミラクルヴォイス
©Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Nørlum

日本版テーマソング作詞・歌:中納良恵(EGO-WRAPPIN’)
吹替版キャスト:本上まなみ、リリー・フランキー、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)

◎第87回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネート
◎第28回ヨーロピアン・フィルム・アワード長編アニメ賞受賞
◎2015年東京アニメアワードフェスティバル グランプリ受賞
ほか多数

[鑑賞料金]
一般 ¥1,600/「週末こども映画館」対象作品につき、お子様同伴の大人1名1,500円/その他通常通り

[上映時間]
*準備中

[公式サイト]
songofthesea.jp


【カートゥーン・サルーン とは】
ポール・ヤング、トム・ムーア、ノラ・トゥーミーによって設立された、アイルランドのアニメーションスタジオ。『ブレンダンとケルズの秘密(2009)』『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014)』『ブレッドウィナー(2017)』『ウルフウォーカー (2020)』で四度にわたりアカデミー賞®アカデミー長編アニメ賞にノミネート。動く絵本のよう、それでいて奥行きを感じさせる美しいアニメーションと個性的な世界観は、設立以来絶え間なく世界中のファンを魅了し続けている。

「カートゥーン・サルーン25周年 特集上映」と題して、今年設立25周年となるアイルランドのアニメーションスタジオ、カートゥーン・サルーンの長編4作品+短編2作品を日替わりでリバイバル上映することが決定!
上映される作品は「ケルト3部作」『ブレンダンとケルズの秘密』『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』『ウルフウォーカー』に『ブレッドウィナー』を加えた長編4作品と、『レイト・アフタヌーン』『アマゾンの森から来たモンスター』の短編2作品。この中から長編1作品と短編1作品を、日替わりで同時上映!『アマゾンの森から来たモンスター』は今回が劇場初上映となります。
舞台となる土地の歴史や文化を下敷きにしたストーリーと、絵本の世界から飛び出てきたかのような美しく幻想的な描写と心に響く音楽。4作品すべてがアカデミー賞®アカデミー長編アニメ賞にノミネートされた、カートゥーン・サルーンの長編アニメーション作品に加え、貴重な短編作品が一度に劇場で観られるチャンス。この機会にぜひ劇場でカートゥーン・サルーンの珠玉の作品群をお楽しみください!

週末こども映画館について

▼「うえだ子どもシネマクラブ」についてはこちらから
uedakodomocinema.localinfo.jp

ピックアップ記事

関連記事一覧

Facebook