ブルーバック あの海を見ていた【順次】

今後の上映作品
[上映日程]順次(休映:未定)

“ 母の手を握った。
 ほろ苦い記憶と、宝物だった日々が
  深く 深く 沁みわたっていく。”

オーストラリアの人里離れたのどかな入り江。故郷の海を守る母ドラの背中を見て育った海洋生物学者のアビー。
母から受け継いだ大切なものと、忘れかけていた〈秘密の友達〉とは———

[INTRODUCTION]
監督はクライム・サスペンス『渇きと偽り』が好評を博したロバート・コノリー。97年に出版されたティム・ウィントンの原作小説に魅了され、長らく映画化を熱望してきたコノリーにとって、本作はその夢を叶えたプロジェクトとなった。国際的に活躍するオーストラリアの実力派キャストによるアンサンブルも見逃せない。アビーを演じるのは、『アリス・イン・ワンダーランド』で脚光を浴びたのち、ジム・ジャームッシュ、パク・チャヌク、デヴィッド・クローネンバーグといった名だたる巨匠、鬼才の作品に出演してきたミア・ワシコウスカ。母との絆、自然との結びつきを心の支えに、よりよき未来をたぐり寄せようとするアビーの心模様を繊細に表現した。そして『サイレントヒル』のラダ・ミッチェルがバイタリティ溢れる母ドラを演じ、コノリー監督の前作『渇きと偽り』で主演・プロデューサーを務めたエリック・バナが、母子と心を通わせる漁師マッカ役で登場する。

[STORY]
若き海洋生物学者アビーは、母のドラが脳卒中で倒れたとの知らせを受け、西オーストラリアの海辺の町ロングボート・ベイに帰郷する。幸いにも症状が軽かったドラはすぐに退院し、美しい海を一望できる高台の自宅に戻るが、言葉を発することができなくなっていた。母を世話するためしばらく実家に滞在することになったアビーは、環境活動家だった母とこの家で一緒に過ごした少女時代を思い返し、自身の原点を見つめ直していく。

『ブルーバック あの海を見ていた』
[2022年/オーストラリア/英語/スコープ/5.1ch/102分]G
監督・脚本:ロバート・コノリー
原作・脚本協力:「ブルーバック」ティム・ウィントン(小竹由美子 訳/さ・え・ら書房刊)
出演:ミア・ワシコウスカ、ラダ・ミッチェル、イルサ・フォグ、アリエル・ドノヒュー、リズ・アレクサンダー、エリック・バナ
原題:BLUEBACK
日本語字幕:横井和子
後援:オーストラリア大使館
提供:キングレコード
配給:エスパース・サロウ
©表記:©2022 ARENAMEDIA PTY LTD, SCREENWEST (AUSTRALIA) LTD AND SCREEN AUSTRALIA

[上映時間]
*準備中

[公式サイト]
blueback.espace-sarou.com

ピックアップ記事

関連記事一覧

Facebook