百年の夢 デジタル・リマスター版【1/28~】

今後の上映作品
[上映日程]1/28~(休映:未定)

老人たちの人生の年輪が刻まれた顔、顔、顔
スロヴァキアの山岳地帯に暮らす老人たちの日常とその人生哲学

16年の長きに渡り国外輸出禁止となっていた幻の衝撃作が30年の時を経て再びスクリーンに———

[INTRODUCTION]
『百年の夢』は1972年に完成していながら、当局により16年間もの長期に渡り輸出を禁止されていた。禁止解除後の1988年、フランスのニヨン国際映画祭グランプリを始め、ドイツのライプツィヒ国際映画祭ではドン・キホーテ賞と批評家賞を授与されるなど、世界各地の国際映画祭で上映され高く評価されているた。日本では1989年、第一回山形国際ドキュメンタリー映画祭で『老人の世界』の題名で上映された後、1992年に『百年の夢』の邦題により劇場公開。今回は新たに開発されたデジタル・リマスター版による公開となる。
東ヨーロッパ、スロヴァキアの山あいで厳しい自然や孤独と闘いながら、農作業や羊飼いを生業として暮らす老人たちの日常生活と語りを、丹念に描いた本作は、生と死についての黙想とでもいうような、哲学的世界をつくりあげている。

[STORY]
スロヴァキアの山岳地帯に暮らす老人たち
老いるとは何か?
それぞれの生き様が人生の終わりを照らし出す

カルパチア山脈の東側、スロヴァキア南西部のファトラ山地。この痩せた土地で、厳しい自然条件や孤独と闘いながら、農業や羊飼いを生業として暮らす70歳以上の老人たち。からくり人形作りに熱中する男性。事故で歩けず25年間膝を使い暮らしてきた男性。めんどりに聖書を読み聞かせる男性。結核を患い、納屋で50年暮らすという農婦の姿は、いつか彼女自身の葬儀の写真に連なる。内なる自由をいきいきと生きる彼らにとっての愛や家族、夢、労働や人生の意義とは…

『百年の夢 デジタル・リマスター版』
[1972年/スロヴァキア/モノクロ/67分]
脚本・監督:ドゥシャン・ハナーク
撮影監督:アロイス・ハヌーセク 
音楽:G・F・ヘンデル、ヴァーツラフ・ハーレク、ヨゼフ・マコヴェツ
撮影協力:ヤン・シュヴァンマイエル 
スティル写真:マルティン・マルティンチェク/ウラジミール・ヴァヴレク

[上映時間]
*準備中

[公式サイト]
pan-dora.co.jp/hyakunen/

ピックアップ記事

関連記事一覧