漁港の肉子ちゃん【9/11~24】*「週末こども映画館」推奨作品/「うえだ子どもシネマクラブ」上映予定作品

現在上映中の作品
[上映日程]9/11~24(休映:9/13、21)

“ 普通が一番ええのやで ” 肉子ちゃんが幸せ届けます。

船に住むちょっと訳アリ母娘が紡ぐ感動のハートフルコメディ

[解説]
明石家さんまが、直木賞受賞作家・西加奈子の小説に惚れ込み、劇場アニメ映画として企画・プロデュース!アニメーション制作は『海獣の子供』『映画 えんとつ町のプペル』のSTUDIO4℃。船に住むちょっと訳アリな母娘の秘密が紡ぐ、笑って泣けてそっと勇気をもらう感動のハートフルコメディ。

[あらすじ]
食いしん坊で能天気な肉子ちゃんは、情に厚くて惚れっぽいから、すぐ男にだまされる。一方、クールでしっかり者、11歳のキクコは、そんな母・肉子ちゃんが最近ちょっと恥ずかしい。そんな共通点なし、漁港の船に住む訳あり母娘の秘密が明らかになるとき、二人に最高の奇跡が訪れる──!

『漁港の肉子ちゃん』
[2021年/日本/シネスコ/96分]G
企画・プロデュース:明石家さんま
出演:大竹しのぶ、Cocomi、花江夏樹、中村育二、石井いづみ、山西惇、八十田勇一、下野紘、マツコ・デラックス、吉岡里帆
原作:西加奈子「漁港の肉子ちゃん」(幻冬舎文庫)
監督:渡辺歩
総作画監督:小西賢一
美術監督:木村真二
脚本:大島里美
音楽:村松崇継
主題歌:稲垣来泉「イメージの詩」 作詞・作曲:吉田拓郎
エンディングテーマ:GReeeeN「たけてん」(ユニバーサル ミュージック)
アニメーション制作:STUDIO4℃
配給:アスミック・エース
製作:吉本興業株式会社
©2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

[公式サイト]29kochanmovie.com

[鑑賞料金]高校生以下¥500/お子様連れの大人の方1名1,200円 *その他通常通り

ピックアップ記事

関連記事一覧