グランド・ジャーニー【11/21~12/6】*特別興行作品

現在上映中の作品
[上映日程]11/21~12/6(休映:11/22、25、28~30)

“ 君たちの翼は、決して奪わせない ”

人生を変える景色が、ここにある
絶滅寸前の渡り鳥を救う!おどろきに満ちた実話に基づく、父と息子の奇跡の旅

[解説]
<人間がともに空を飛び、渡り鳥に“渡り”を教える>という驚くべき実話に基づき描かれた父子の冒険は、フランスで公開されるや大ヒット!環境問題に熱心な国民にも熱を持って受け入れられ、名だたる大作を抑えて2019 年のフランス映画興行収入TOP10入りを記録。フランス全土に爽やかな旋風を巻き起こした。変わり者の父親クリスチャン役を『愛しき人生のつくりかた』の監督であり、『セラヴィ!』の出演も記憶に新しいジャン=ポール・ルーヴが演じ、息子トマ役には、オーディションで数千人の中から選ばれた新人ルイ・バスケスが選ばれたほか、実力派の俳優が揃い踏み。監督は、「名犬ジョリィ」のタイトルで日本でアニメ化もされた世界的ベストセラー児童書を実写映画化した『ベル&セバスチャン』(15)で映画監督としても高く評価された冒険家のニコラ・ヴァニエ。人と動物の絆を描くことに定評のある監督が今回描くのは、国境に縛られず、ヨーロッパの大空を野鳥たちと翔け、人間と動物という種別さえも超えて紡がれる絆。他に類をみない映像美で映し出した感動巨編がここに誕生した。

[あらすじ]
クリスチャンは一風変わった気象学者で、フランス・カマルグで雁の研究をしている。超軽量飛行機を使い、渡り鳥に安全な飛行ルートを教えるという、誰もが無茶だと呆れるプロジェクトに夢中だ。そんな変わり者の父親と大自然の中で過ごすバカンスなど、オンラインゲームに夢中な思春期の息子・トマにとっては悪夢でしかない。湿地に囲まれたWi-Fiもつながらない田舎で暇を持て余したトマは、ある出来事をきっかけにその無謀なプロジェクトに協力することに。こうして父子と渡り鳥たちの驚くべき冒険がはじまった──

『グランド・ジャーニー』
[2019年/フランス=ノルウェー/フランス語・英語・ノルウェー語・デンマーク語/113分]
監督:ニコラ・ヴァニエ
脚本:マチュー・プティ、クリスチャン・ムレ
脚色:ニコラ・ヴァニエ、リル・フォッリ
出演:ジャン=ポール・ルーヴ、メラニー・ドゥーテ、ルイ・バスケス
原題:DONNE-MOI DES AILES 
配給:クロックワークス
©2019 SND, tous droits réservés.

◎公式サイト:grand-journey.com

◎鑑賞料金:特別鑑賞料金(一般)¥1,500 *特別興行作品につき、年間パスポート(ゴールド&シルバー)は利用できません。その他割引サービスは適用致します。

ピックアップ記事

関連記事一覧