ふたつの部屋、ふたりの暮らし【5/21~6/3】

現在上映中の作品
[上映日程]5/21~6/3(休映:5/23、30)

“ 夢にまで見た最期の計画。あたりまえと思っていた日常が消えた。”

南仏モンペリエを見渡すアパルトマン最上階、向かい合う部屋に暮らすニナとマドレーヌ。
築き上げてきた幸せな日常が、突如として崩れ去った時、2人が選んだ答えとは──

[INTRODUCTION]
アカデミー賞国際長編映画賞ショートリスト選出、セザール賞新人監督賞受賞の快挙
独仏を代表する2大女優の共演×光と影が織りなす秀逸な映像美

ニナを演じるのはカンヌ国際映画祭女優賞を受賞した『ローザ・ルクセンブルク』(85)、『ハンナ・アーレント』(12)など、アメリカとヨーロッパを股にかけ活躍するバルバラ・スコヴァ。一方、マドレーヌに扮するのは、フランスの名門国立劇場コメディ・フランセーズの団員でもある大女優、マルティーヌ・シュヴァリエ。
監督・共同脚本を手掛けたのは、本作で初長編とは思えない成熟した演出を見せたイタリアの新たな才能フィリッポ・メネゲッティ。2020年、セザール賞新人監督賞受賞、リュミエール賞の新人監督賞、最優秀女優賞受賞を始め、2021年にアカデミー賞国際長編映画賞ショートリスト(フランス代表)に選出、ゴールデングローブ賞非英語映画賞にノミネート、ロッテントマト批評家スコア98%を記録するなど大絶賛をもって迎えられ、大きな話題を集めた。
社会の障壁の中で、愛する人との自由な人生を勝ち取るため闘う女性たちを、独仏を代表する2大女優の圧倒的な演技と、光と影が織りなす秀逸な映像美でサスペンスフルに描き上げた異色の注目作が誕生した。

[STORY]
南仏モンペリエを見渡すアパルトマン最上階、向かい合う互いの部屋を行き来して暮らす隣人同士のニナとマドレーヌは、実は長年密かに愛し合ってきた恋人同士。マドレーヌは不幸な結婚の末に夫が先立ち、子供たちもいまは独立、家族との思い出の品や美しいインテリアに囲まれながら心地よく静かな引退生活を送っている。2人の望みはアパルトマンを売ったお金で共にローマに移住すること。だが子供たちに真実を伝えられないまま、時間だけが過ぎていく。そして突如マドレーヌに訪れた悲劇により、2人はやがて家族や周囲を巻き込んで、究極の選択を迫られることになる…。

『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』
[2019年/フランス=ルクセンブルク=ベルギー/フランス語/2.39:1/95分]
監督・脚本:フィリッポ・メネゲッティ
脚本:マリソン・ボヴォラスミ
共同脚本:フロランス・ヴィニョン
出演:バルバラ・スコヴァ、マルティーヌ・シュヴァリエ、レア・ドリュッケール、ミュリエル・ベナゼラフ、ジェローム・ヴァレンフラン
原題:Deux
字幕:齋藤敦子
後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、在日ルクセンブルク大公国大使館、ベルギー大使館
配給:ミモザフィルムズ 
© PAPRIKA FILMS / TARANTULA / ARTÉMIS PRODUCTIONS – 2019

[上映時間]

[公式サイト]
deux-movie.com

ピックアップ記事

関連記事一覧