『とべない風船』舞台挨拶実施のお知らせ。

お知らせ

4月1日(土)15時15分からの回の上映後、本作の宮川博至監督、本作主演・東出昌大さん、本作出演・遠山雄さんによる舞台挨拶を実施致します。
開催概要は下記の通りです。

概要

『とべない風船』舞台挨拶
[開催日]4月1日(土)
[時 間]15時15分~(上映後舞台挨拶/17時30分頃終了予定)
[会 場]上田映劇(長野県上田市中央2-12-30)
[料 金]ファーストデーにつき一般¥1,200/その他通常通り
[登壇者]宮川博至監督、東出昌大、遠山雄(予定・敬称略)

◎お問合せ
[Eメール]uedaeigeki@gmail.com
[電話番号]0268-22-0269(10:00~18:00/月曜休館)
*なるべくEメールをご利用ください
*ご予約不要です。当日劇場窓口にてチケットをお買い求めください。

◎登壇者プロフィール

監督・脚本 宮川博至

1980年広島県出身。学生時代から映像制作の現場に入り、2004年より演出を始める。これまでにCMディレクターとしてACCブロンズ、ONE SHOW Merit、観光庁長官賞などを受賞。2015年、短編映画『あの夏、やさしい風』がShort Shorts Film Festival & ASIAにて入賞。また同作品がJIM×JIMアワードにて大賞受賞。2018年には2作目となる中編映画『テロルンとルンルン』(岡山天音主演)を制作。広島国際映画祭をかわきりに、国内外の映画祭に出品中。中之島映画祭グランプリ、愛媛国際映画祭脚本賞、富士湖畔の映画祭敢闘賞、ポピージャスパー映画祭最優秀長編賞などを受賞。本作『とべない風船』は長編第1作目となる。

東出昌大

1988年埼玉県出身。2012年に『桐島、部活やめるってよ』(12/吉田大八監督)で俳優デビューし、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞等受賞。主な出演映画は、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品『寝ても覚めても』(18/濱口竜介監督)、『コンフィデンスマンJP』シリーズ(19~22/田中亮監督)、第77回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞作『スパイの妻』(20/黒沢清監督)、『Blue』(21/吉田恵輔監督)、『草の響き』(21/斎藤久志監督)など。公開待機作は、12/9公開『天上の花』(片嶋一貴監督)、2023年3月公開『Winny』(松本優作監督)、2023年公開『福田村事件(仮)』(森達也監督)など。

遠山雄

1984年韓国出身。原作・演出・映像制作担当の大山晃一郎、プロデューサー清弘樹の3人を中心に活動する劇団チキンハートを主宰。主な出演映画は『ワルボロ』(07/隅田靖監督)、『パッチギ! LOVE&PEACE』(07/井筒和幸監督)、『ほるもん』(主演/11/大山晃一郎監督)など。企画主演映画『いつくしみふかき』が2019年~2022年に渡り全国50箇所で上映を行う。

▼上映作品について詳しくはこちらから

とべない風船【3/25~】*舞台挨拶あり

ピックアップ記事

関連記事一覧