HHH:侯孝賢(デジタルリマスター版)【1/15~21】*アフタートークあり

今後の上映作品
[上映日程]1/15~21(休映:1/17)

台湾ニューシネマはなぜ生まれたのか?
HHH(侯孝賢)はどこから来たのか、そして どこへ向かうのか──

作品ゆかりの地を巡りホウ・シャオシェンの素顔に迫る渾身のドキュメンタリー

[解説]
『アクトレス 女たちの舞台』『パーソナル・ショッパー』などで知られるフランスのオリビエ・アサイヤス監督が、台湾ニューシネマの旗手ホウ・シャオシェンと共に台湾を旅しながら彼の素顔に迫ったドキュメンタリー。ほとんどのホウ監督作の脚本を手がけてきたチュー・ティエンウェンら、ホウ監督と共に台湾ニューシネマを牽引してきた映画人へのインタビューを交えつつ、『童年往事 時の流れ』『冬冬の夏休み』『非情城市』『戯夢人生』『憂鬱な楽園』といったホウ監督作の映像と共に、作品にゆかりのある鳳山、九フン、金瓜石、平渓、台北を巡る。フランスのテレビシリーズ「我らの時代の映画作家」の1編として製作された。タイトルの「HHH」は表題のホウ・シャオシェンの英語表記Hou Hsiao-Hsienからとられている。

『HHH:侯孝賢』(デジタルリマスター版)
[1997年/フランス・台湾/ヴィスタ/92分]
監督:オリヴィエ・アサイヤス
撮影監督:エリック・ゴーティエ
編集:マリー・ルクール
出演:ホウ・シャオシェン、チュウ・ティェンウェン、ウー・ニェンチェン、チェン・グオフー、ドゥー・ドゥージー、ガオ・ジエ、リン・チャン
原題:HHH:A portrait of Hou Hsiao Hsien
提供・配給:オリオフィルムズ
配給協力:トラヴィス
©AMIP-La Sept ARTE-INA-France 1997

[公式サイト]
hhh-movie.com

[鑑賞料金]
一般¥1,500/その他通常通り

ピックアップ記事

関連記事一覧