草の響き【順次】

今後の上映作品
[上映日程]順次(休映:)

“ 聴こえてくる──
 静まらない心の震えが ”

函館 × 佐藤泰志の小説──五度目の映画化

[解説]
数々の映画賞を受賞し話題を呼んだ『きみの鳥はうたえる』(18) に続き、佐藤泰志の小説、五度目の映画化であり、シネマアイリス企画・プロデュース作品としてもこれが五作目となる。原作は、佐藤自身が自律神経失調症を患い、療法として始めたランニング経験をもとに書いた短編小説。1979年に発表された原作を現代に置き換え、光あふれる函館の風景のなかで映像化したのは、『空の瞳とカタツムリ』(18)『なにもこわいことはない』(13) の斎藤久志。どうしようもない孤独を抱えた人々の葛藤を静かな気迫で捉えた本作。何かを追い求めるように黙々と走り続ける男の姿を通して、死に引き寄せながらも懸命に生きようとする人間の生の輝きをまざまざと描きだす。
心を病み、ランニングに没頭する和雄役を演じたのは、『寝ても覚めても』(18) 以来三年ぶりの主演作となる東出昌大。常に危うい雰囲気を漂わせながら、走ることで徐々に再生していく男の変化を細やかな身体表現にて体現した。慣れない土地で不安に苛まれながらも夫を理解しようと努める妻・純子役は、『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(21)『マイ・ダディ』(21) など出演作が続く、いま注目の奈緒。ふたりの俳優の繊細な演技によって、原作にはなかった夫婦の崩壊と再スタートというテーマが立ち上がった。その他、和雄に寄り添う友人役で大東駿介、精神科医役で室井滋らが出演。また、Kaya、林裕太、三根有葵ら若手俳優たちが和雄と交流する若者たちを演じ、みずみずしい存在感を放つ。

[あらすじ]
心に失調をきたし、妻とふたりで故郷函館へ戻ってきた和雄。病院の精神科を訪れた彼は、医師に勧められるまま、治療のため街を走り始める。雨の日も、真夏の日も、ひたすら同じ道を走り、記録をつける。そのくりかえしのなかで、和雄の心はやがて平穏を見出していく。そんななか、彼は路上で出会った若者たちとふしぎな交流を持ち始めるが──。

『草の響き』
[2021年/日本/ビスタ/116分]PG12
出演:東出昌大、奈緒、大東駿介  
監督:斎藤久志
原作:佐藤 泰志「草の響き」(「きみの鳥はうたえる」所収/河出文庫刊)
脚本:加瀬 仁美
配給:コピアポア・フィルム 函館シネマアイリス
© 2021 HAKODATE CINEMA IRIS

◎公式サイト:kusanohibiki.com

ピックアップ記事

関連記事一覧