デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング【10/23~11/5】

今後の上映作品
[上映日程]10/23~11/5(休映:10/25、11/4)

“ 香港に自由を ”

アジアを代表するスター歌手
熱狂と再生のドキュメンタリー

[解説]
2014年に香港で起きた「雨傘運動」。警官隊の催涙弾に対抗して雨傘を持った若者たちが街を占拠したこの運動に、一人のスーパースターの姿があった。彼女の名前はデニス・ホー。同性愛を公表する香港のスター歌手である彼女は、この雨傘運動でキャリアの岐路に立たされていた。彼女は、中心街を占拠した学生たちを支持したことで逮捕され、中国のブラックリストに入ってしまう。次第にスポンサーが離れていき、公演を開催することが出来なくなった彼女は、自らのキャリアを再構築しようと、第二の故郷モントリオールへと向かうのであった。
スー・ウィリアムズ監督による長期密着取材によって浮かび上がるのは、香港ポップスのアイコンであった彼女が、香港市民のアイデンティティと自由を守るために声を上げる一人のアーティスト、そして民主活動家へと変貌していく様である。その物語は、歪な関係にある香港と中国、過去30年間の情勢を見事に反映している。
 そして、2019年6月。香港で逃亡犯条例改正に反対するデモが起き、彼女は再び岐路に立たされた。数百万のデモ参加者が街頭に繰り出した時、彼女は催涙ガスと放水砲が飛び交う通りに立ち続け、デモ参加者を守ろうとする。そして、国連やアメリカ議会で香港の危機的状況について訴え、自由と民主主義を守ろうとする人々の姿を世界に発信していくのだった。
自由を求める香港の人々の声が、デニス・ホーという存在に重なり、その願いが一つの歌となって響き渡る。映画の幕は閉じるが、香港の闘いはまだ終わっていない…

『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』
[2020年/アメリカ/83分]G
監督・脚本・制作:スー・ウィリアムズ
製作総指揮:ヘレン・シウ
共同製作:ジュディス・ヴェッキオーネ
共同制作:ヌシャ・ベイラン
オリジナル音楽:チャールズ・ニューマン
編集:エマ・モリス
撮影:ジェリー・リシウス
字幕:西村美須寿 字幕監修:Miss D
協力:TOKYO FILMeX、市山尚三 
資料監修:江口洋子
配給・宣伝:太秦
©Aquarian Works, LLC

◎公式サイト:deniseho-movie2021.com

ピックアップ記事

関連記事一覧