ジオラマボーイ・パノラマガール【2/7~19】*舞台挨拶あり

今後の上映作品
[上映日程]2/7~19(休映:2/8、15)
*上映初日は瀬田なつき監督と鶴岡慧子監督によるアフタートークイベントを予定しています

“ 成長するだけじゃ、オトナになれない。”

時代が、街が、変わっても、「好き」の気持ちは、しぶとく残る。
──恋するふたりの小さな助走の物語。

[解説]
「リバーズ・エッジ」などで知られる人気漫画家の岡崎京子が1989年に刊行した同名コミックを実写映画化。現代の東京を舞台に、未来への不安を抱えながらも「今」を生きる若者たちを描いた。渋谷ハルコ役は映画「小さな恋のうた」などで注目される山田杏奈。神奈川ケンイチ役は、山田とは「小さな恋のうた」でも共演している鈴木仁。監督・脚本は「PARKS パークス」「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の瀬田なつき。

[あらすじ]
東京に住む平坦で平凡な高校生・渋谷ハルコ、16歳。ある夜、橋の上で倒れていた神奈川ケンイチにひとめぼれする。“世紀の恋”だとはしゃぐハルコに対して、真面目でおとなしげなケンイチは、受験目前、衝動的に学校を辞めてしまいそれどころではない。さらに勢いでナンパした危険な香りのする女の子・マユミに夢中になっていく。二人の平行線の恋はどこへ行くのか。友だちや家族や自分、悩みもがく少年少女の刹那的な視線を切り取った、恋と成長の物語。

『ジオラマボーイ・パノラマガール』
[2020年/日本/シネスコ/105分]PG12
出演:山田杏奈、鈴木仁、成海璃子、大塚寧々、森田望智
脚本・監督:瀬田なつき
原作:岡崎京子『ジオラマボーイ・パノラマガール』(マガジンハウス刊)
配給:イオンエンターテイメント   
©2020岡崎京子/「ジオラマボーイ・パノラマガール」製作委員会

◎公式サイト: gbpg2020-movie.com

ピックアップ記事

関連記事一覧