イサドラの子どもたち【11/14~20】*一週間限定上映

今後の上映作品
[上映日程]11/14~20(休映:11/16)*一週間限定上映

“ 太古より眠るダンスを、私の悲しみが目覚めさせる ”

伝説のダンサー、イサドラ・ダンカンに導かれた、孤独な魂たち

[解説]
モダンダンスの始祖として知られるイサドラ・ダンカン(1877〜1927)。20世紀初頭、舞踊の世界に革命を起こした彼女は、1913年4月、二人の子供を事故で亡くし、その痛みに苦しみながら、亡き子どもたちに捧げるソロダンス「母」を創り上げた。それからおよそ100年の時を経て、現代に生きる4人の女性がイサドラの「母」と邂逅する──。『若き詩人』『泳ぎすぎた夜』(五十嵐耕平との共同監督)が話題を呼んだフランスの俊英ダミアン・マニヴェルが、「母」を通してイサドラとつながる〈子どもたち〉の物語を、静かな緊張感をもって紡ぎあげる。イサドラの抱えた痛々しくも狂おしい愛が、女たちの身体を通して呼応し、世紀の時を超え、いま私たちに継承される。

[あらすじ]
振付師のアガトはイサドラの自伝を読んでいる。自由に踊る子どもたちを、窓から愛おしそうに見つめている。図書室で見つけた舞踊譜と作曲家スクリャービンの音楽を手がかりに、「母」の踊りと向き合う。「母」の公演を控えた若きダンサーのマノンは、振付師マリカと対話を重ねながら、自らのダンスを探している。マノンは、子どもと離れて暮らすマリカを案じている。やがて公演の日を迎える。「母」を観劇したエルザは、ゆっくりとした足取りで帰路につく。ノートに記したイサドラの言葉を読み、部屋着に着替え、子どもの写真の前で香を焚く。街灯を遮ろうとカーテンに手を掛けたエルザは、その時…。

2019年ロカルノ国際映画祭 最優秀監督賞受賞
『イサドラの子どもたち』
[2019年/フランス・韓国/スタンダード/カラー/84分]
監督:ダミアン・マニヴェル
脚本:ダミアン・マニヴェル、ジュリアン・デュードネ
撮影:ノエ・バック
編集:ドゥニア・シショフ
サウンド:ジェローム・プティ、シモン・アポストル
製作:マルタン・ベルティエ、ダミアン・マニヴェル
出演:アガト・ボニゼール、マノン・カルパンティエ、マリカ・リッジ、エルザ・ウォリアストン
原題:LES ENFANTS D’ISADORA
配給:コピアポア・フィルム
協力:認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭、アンスティチュ・フランセ日本

◎公式サイト:isadora-2020.com

ピックアップ記事

関連記事一覧