エレファント・マン 4K修復版【11/7~20】*特別興行作品

今後の上映作品
[上映日程]11/7~20(休館:11/9、16)

“ 僕は動物じゃない。僕は人間なんだ。”

切なさに胸が締め付けられる──
感動の名作がデイヴィッド・リンチ監督自身の監修により、4K修復版として蘇った!

[解説]
第53回米アカデミー賞にて、作品賞、主演男優賞、監督賞など主要8部門ノミネート、同年の英国アカデミー賞では作品賞と主演男優賞、製作デザイン賞を受賞した『エレファント・マン』。この言わずと知れた不朽の名作が本国公開から今年で40年を迎えるにあたり、デイヴィッド・リンチ監督自身の監修によりデジタルリマスター化!本作は、19世紀のロンドンで“エレファント・マン”と呼ばれた実在の青年ジョゼフ・メリックの生涯と彼を取り巻く人々の交流を描いた感動作。長編映画デビュー作『イレイザーヘッド』(77)でカルト的な人気を得つつも、当時、弱冠33歳だった新鋭デイヴィッド・リンチ監督の名を一躍世界中に轟かせることとなった作品。日本では1981年5月に公開され、国内外合わせたその年の全公開作品の中でナンバーワンの配収を記録。社会現象とも言える一大ブームを巻き起こした。米タイム誌が選ぶ「カラー時代のモノクロ映画ベスト10」で、『ベルリン・天使の詩』(87/ヴィム・ヴェンダース)、『シンドラーのリスト』(93/スティーヴン・スピルバーグ)などを抑え、堂々の1位を獲得。フランケンシュタインやドラキュラなどが登場する、怪奇映画監督としても知られるフレディ・フランシスが撮影監督として参加。彼がこだわったモノクロ映像特有の光と影、19世紀末の退廃的なロンドンの町並みが、この度の4K修復にて、より幻想的によりクリアになったことで、メリックの喜びと絶望のコントラストも一層鮮やかに映し出している。差別や偏見がいまだ無くならない世の中で彼の真っ直ぐなメッセージが胸を打つ。様々な人間の内面に宿る、美しさ、残酷さが見せつけられる本作で、人間の尊厳をD・リンチは丁寧に描き出す。人間としての一生を全うしたいと願うメリックが選択する結末は、永遠に映画ファンの心に涙と共に刻まれ続けることだろう。

[あらすじ]
19世紀のロンドン。優秀な外科医トリーヴズは、見世物小屋でエレファント・マンと呼ばれる青年メリックと出会う。極端に身体が変形したメリックの姿を目にしたトリーヴズは、大きな衝撃を受け、彼を研究対象として病院で預かることに。当初は物も言えず怯え続けるメリックを誰もが知能も低いと思っていたが、ある日、知性溢れる穏やかな性格であることが発覚。その後、新聞で取り上げられたメリックの元を舞台女優のケンドール夫人を始め、上層階級者が訪れるようになる。トリーヴズは自分が形を変えた見世物小屋の興行師と同じなのではないかと悩むが……。

公開40周年記念
『エレファント・マン』4K修復版
[1980年/アメリカ=イギリス/スコープサイズ/モノクロ/124分]
監督:デイヴィッド・リンチ 
脚本:クリストファー・デ・ヴォア、エリック・バーグレン、デイヴィッド・リンチ 
製作:ジョナサン・サンガー 
撮影:フレディ・フランシス
音楽:ジョン・モリス
出演:アンソニー・ホプキンス、ジョン・ハート、アン・バンクロフト、ジョン・ギールグッド、ウェンディ・ヒラー、フレディ・ジョーンズ
配給:アンプラグド
©1980 BROOKSFILMS LTD

◎公式サイト:elephantman4k.com

◎鑑賞料金:特別鑑賞料金(一般)¥1,100 *年パス利用不可

ピックアップ記事

関連記事一覧