ゴースト・トロピック【順次】

今後の上映作品
[上映日程]順次(休映:未定)

“ 真夜中の一期一会 ”

[INTRODUCTION]
いま最も繊細で美しく、最も心震わせる映像を紡ぐベルギーのバス・ドゥヴォス
カンヌ・ベルリンが熱狂し、早くも最高傑作とされる2作品が待望の日本公開!

2014年に長編第1作を発表して以来、わずか数年でベルリン、カンヌをはじめとする映画祭から熱い注目を集めているベルギーのバス・ドゥヴォス監督。1983年生まれのドゥヴォス監督は、これまでに長編4作品を監督。いずれも多言語・多文化が共生し「ヨーロッパの縮図」とも言われるベルギーにおいて、現代社会では見落とされてしまう些細な日常の断片をすくい上げて描くスタイルが特徴的だ。16mmフィルムの淡い美しさをたたえたスタンダードサイズの映像と、唯一無二のサウンドスケープを響かせるブレヒト・アミールのギター、ゆるやかに展開してゆく物語に身を委ねると、ふだんは見落としがちな、人のさりげない優しさや思いやりに気づかせてくれる。

[STORY]
現代ヨーロッパの縮図とも言える大都市ブリュッセル。終電車を逃した掃除婦が帰宅するまでを描いた、小さな小さな一夜の旅路。カンヌがベルギーの新鋭バス・ドゥヴォス監督を発見した記念碑的作品。
掃除婦のハディージャは、長い一日の仕事終わりに最終電車で眠りに落ちてしまう。終点で目覚めた彼女は、家へ帰る手段を探すも、もはや徒歩でしか帰れないことを知る。寒風吹きすさぶ街を彷徨い始めた彼女だったが、予期せぬ人々との出会いを通じ、その小さな旅路は遠回りをはじめ――。現代ヨーロッパの縮図とも言えるブリュッセルを舞台に、真夜中の一期一会がもたらす温もりが優しく心をつつむ、奇跡の長編3作目。

『ゴースト・トロピック』
[2019年/ベルギー/フランス語/スタンダード(1.33:1)/84分]PG12
監督・脚本:バス・ドゥヴォス
撮影:グリム・ヴァンデケルクホフ
音楽:ブレヒト・アミール
音響:ボリス・デバッケレ
出演:サーディア・ベンタイブ、マイケ・ネーヴィレ、ノーラ・ダリ、シュテファン・ゴタ、セドリック・ルヴエゾ
日本語字幕:手束紀子
配給:サニーフィルム
©︎Quetzalcoatl,10.80films,Minds Meet production

◎第72回カンヌ国際映画祭監督週間正式出品

[上映時間]
*準備中

[公式サイト]
sunny-film.com/ghosttropic

▼こちらも合わせてご鑑賞ください!
いま最も繊細で美しく、最も心震わせる映像を紡ぐベルギーのバス・ドゥヴォス監督もうひとつの傑作『Here』

Here【順次】

ピックアップ記事

関連記事一覧

Facebook