光る鯨【順次】

今後の上映作品
[上映日程]順次(休映:未定)

“ 異世界(パラレルワールド)へ、まいります。”

消えた彼が残した一冊の小説に記された禁断の方法———
再会と再生のSFヒューマンストーリー

[INTRODUCTION]
元TEMPURA KIDZの関口蒼が主人公・イト役で映画初主演。イトの幼馴染み・はかるを『明ける夜に』の佐野日菜汰、イトの姉・冬海を『空の瞳とカタツムリ』の中神円、謎多き女子高生・直子を瀧石涼葉、カフェのマスターを『馬の骨』の桐生コウジが演じている。ほかに古矢航之介、山口友和、水沢朋美、宮本行らが出演。監督は『ラストラブレター』でヒューマノイドによるSFラブストーリーを描いた森田博之。同作に主演した影山祐子(『さすらいのボンボンキャンディ』)、ミネオショウ(『MAD CATS』)も存在感あるキャラクターで登場する。

[STORY]
幼少期に両親を亡くした23歳のコンビニ店員、志村イトは姉と二人で暮らしている。幼馴染の新進作家、高島はかると音信不通となり数ヶ月が過ぎていた。イトは彼への密かな想いを断ち切ることが出来ず、かつて家族で暮らした高層団地へと向かう。はかるの処女作「光る鯨」を手に古いエレベーターに乗り込むと、上昇と下降を繰り返す。彼女の記憶は深く深く潜っていく。深夜2時、誰もいない11階に止まった時、ついに《異世界エレベーター》が発動する。イトはいなくなった人に会える世界=パラレルワールドへと足を踏み入れる──。

『光る鯨』
[2023年/日本/ヨーロピアンビスタ/5.1ch/127分]
出演:関口蒼、佐野日菜汰、古矢航之介、中神円、瀧石涼葉、ミオネショウ、山口友和、水沢朋美、影山祐子、桐生コウジ
脚本・監督:森田博之
製作・配給・宣伝:studio solars
配給協力:ミカタ・エンタテイメント
©️studio solars

[上映時間]
*準備中

[公式サイト]
hikarukujira.com

ピックアップ記事

関連記事一覧

Facebook