ライフ・イズ・クライミング!【6/10~】*UDキャスト対応

今後の上映作品
[上映日程]6/10~(休映:未定)

“ 人生は、美しい。”

視力を失ったクライマー。頼れるのは相棒の声だけ。
世界選手権4連覇を成し遂げたふたりは、ユタ州の大地に聳え立つ真っ赤な砂岩(フィッシャー・タワーズ)の尖塔(てっぺん)を目指し、アメリカへと旅に出る。
最強で最高のコンビが、登ること、生きることに挑む。映画みたいな本当の話。

[INTRODUCTION]
視力を失ったクライマー・コバ(小林幸一郎)と、彼の視力となるサイトガイド・ナオヤ(鈴木直也)。ふたりの出会いは2001年。「右手、1 時半、遠め。右、右、右!」、相棒・ナオヤの声を自分の目のように頼り、8の字結びのロープでつながり、命をゆだねて岩を登るクライマー・コバ。やがて彼らはパラクライミング世界選手権で4連覇を成し遂げ、2021年、ユタ州の大地に聳え立つ真っ赤な砂岩フィッシャー・タワーズの尖塔に立つことを目指し、アメリカへと旅に出る。
想像を超える大自然、何億年もかけて作り上げられたダイナミックな岩山の絶景、コバの人生を変えた恩人で、世界7大陸の最高峰を制覇した全盲クライマーエリック・ヴァイエンマイヤー氏との再会。そこには、とびきりポジティブな心と溢れる笑顔、そして、ゆるぎないふたりの絆があった。そして、旅の目的地、フィッシャー・タワーズへ。不思議な造形をした岩の尖塔に、視力を失ったクライマーが相棒の声だけを頼りに、一体どうやって登るのか?不可能とも思える無謀な挑戦にふたりが臨む。
監督は、本作が映画デビュー作品となる中原想吉。2016 年にTV番組「ザ・ノンフィクション」でコバを密着取材。その後、再会を果たし、本作のメガホンをとることに。主題歌は、MONKEY MAJIK の「Amazing」。コバのクライミングに衝撃をうけ、映画をイメージして完成させた楽曲。出演者、監督、音楽、すべてが見えないチカラに引き寄せられるように結び合って完成した。

『ライフ・イズ・クライミング!』
[2023年/日本/5.1ch/1.90:1/89分]
出演:小林幸一郎、鈴木直也、西山清文、エリック・ヴァイエンマイヤー
監督:中原想吉
音楽:Chihei Hatakeyama 
主題歌:MONKEY MAJIK「Amazing」
製作:インタナシヨナル映画株式会社、NPO法人モンキーマジック、サンドストーン、シンカ
配給:シンカ
(C) Life Is Climbing 製作委員会

[上映時間]
*準備中

[公式サイト]
synca.jp/lifeisclimbing

ピックアップ記事

関連記事一覧