ザ・ローリング・ストーンズ チャーリー・イズ・マイ・ダーリン 2Kレストア版【順次】

今後の上映作品
[上映日程]順次

ザ・ローリング・ストーンズ結成60年記念 & チャーリー・ワッツ追悼公開

[ABOUT THE MOVIE]
2022年7月12日結成60周年を迎える「世界で最も偉大なロックン・ロール・バンド」ザ・ローリング・ストーンズを祝福すると同時に、2021年8月24日80歳で亡くなった不動のドラマー、チャーリー・ワッツを追悼し、ストーンズ自ら企画したということでも記念碑的な2作品を劇場同時期公開。
『ロックン・ロール・サーカス』は、1968年に撮影されながら諸事情で1996年までの28年間封印されたままだった伝説的作品で今回が日本初劇場公開。96年版から画質音質が向上した2019年制作の4Kレストア版で上映。
『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』は、1965年のアイルランド・ツアーを追った、ストーンズが記録された最初のフィルム。90,000を超えるフレーム(半分以上はそれまで未発表未編集の映像)を手作業で修正再編集した2012年2Kレストア版の正式な劇場公開は日本初。
ともに歌詞すべてに翻訳字幕入り。

[INTRODUCTION]
1965年9月3~4日のアイルランド・ツアーを追った、ストーンズが記録された初めてのフィルム。2011年に新たに発掘された未編集未発表のステージ映像など(全体の半分以上)を加えて再編集された2012年版が本作。〈サティスファクション〉で全英全米No.1を獲得し、勢いにのる若きストーンズの熱狂のステージとともに、彼らが世界的なスーパースターとなる直前のツアー中の飾らないオフショットやインタビューなどが収められている。同じ65年にボブ・ディランのイギリス・ツアーを追いかけたD.A.ペネベイカー監督の『ドント・ルック・バック』と並ぶ、時代を画した傑作ライヴ・ドキュメンタリー。

[SET LIST] 
楽曲(口ずさまれる曲を含む)
「ラスト・タイム」(ライヴ)
「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」(ライヴ)
「アイム・オールライト」(ライヴ)
「エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ラヴ~ペイン・イン・マイ・ハート」(ライヴ)
「アラウンド・アンド・アラウンド」(ライヴ)
「サティスファクション」(ライヴ)
「シッティン・オン・ア・フェンス」
「テル・ミー」
「夢の人」
「エイト・デイズ・ア・ウィーク」
「それは私がロンドンっ子だから」
「ソルティ・ドッグ」
「ニードル・オブ・デス」
「サンタが彼女を連れて来る」
「ブルーベリー・ヒル」
「心のうずく時」
「今夜はひとりかい?」
「恋のティーンエイジャー」
「アイ・フィール・ファイン」
「かたくなの心」

『ザ・ローリング・ストーンズ チャーリー・イズ・マイ・ダーリン 2Kレストア版』
[1965-2012年/イギリス/63分]
監督:ピーター・ホワイトヘッド
字幕:林かんな

[鑑賞料金]
当日一般1,500円

[上映時間]
*準備中

[公式サイト]
circus-charlie.onlyhearts.co.jp

ピックアップ記事

関連記事一覧