アウシュヴィッツのチャンピオン【8/20~】

今後の上映作品
[上映日程]8/20~(休映:)

実在した伝説のチャンピオン“テディ”の物語

第2次世界大戦中のアウシュヴィッツ強制収容所———
絶望的な状況下でも生き延びることを諦めなかった

[INTRODUCTION]
2020年、ポーランドで最も権威のあるグディニャ映画祭で金獅子賞(最優秀作品賞)受賞、さらに2022年同国のアカデミー賞とされるイーグル賞で4部門(撮影賞、美術賞、メイクアップ賞、主演男優賞)を受賞し話題を呼んだ本作。本作は、アウシュヴィッツ強制収容所で司令官や看守らの娯楽として消費される葛藤を抱えながらも、生き延びることを諦めずにリングに立ち続けた一人のボクサーの実話を基にしたヒューマンドラマ。モデルとなった実在のボクサー、タデウシュ・“テディ”・ピトロシュコスキは、看守やカポ(囚人の中の統率者)を相手に数十戦の勝利を収め、囚人仲間にとってナチスの恐怖を打ち破り生き残るための希望の象徴だった。元囚人たちの証言や、本人の記憶をもとに、彼が歩んできた歴史を見事に映像化。
世界を震撼させた“悪”を描くだけでなく、それに対抗する“希望”について描いた本作の監督を務めたのは、ポーランド出身でホロコースト生存者の孫でもあるマチェイ・バルチェフスキ。スティーヴン・キングの物語を映画化した短編デビュー作『My Pretty Pony』(17)はロサンゼルス映画批評家協会賞をはじめとする数々の賞を受賞。主演を務めたのは、『イレブン・ミニッツ』(15)、『ダーク・クライム』(16)など、60本近くのポーランド映画に出演し、『Bogowie』(14/原題)では、イーグル賞で最優秀助演俳優賞を受賞したピョートル・グウォヴァツキ。本作では屈強な肉体と精神を兼ね備えたボクシングチャンピオンの役を演じるため、クランクインの数か月前からトレーニングを重ね、肉体改造に成功。スタントマンなしで過酷な撮影にも挑み、死の淵に立ちながらも生きることへの不屈の闘志と尊厳を保ち続けた主人公を力強く演じた。
大戦の記憶が薄れゆく中で、戦争がどれほど悲惨で人を狂わせるのかを改めて見せつけられた今年。“絶滅の地”で何を思い、闘い続けたのか―。生き延びることを諦めなかった男の知られざる半生を描く衝撃作。

[STORY]
第2次世界大戦最中の1940年。アウシュヴィッツ強制収容所に移送される人々の中に、戦前のワルシャワで“テディ”の愛称で親しまれたボクシングチャンピオン、タデウシュ・ピトロシュコスキがいた。彼には「77番」という“名”が与えられ、左腕には囚人番号の入れ墨が刻まれた。十分な寝床や食事を与えられることなく過酷な労働に従事させられていたある日、司令官たちの娯楽としてリングに立たされることに──。

『アウシュヴィッツのチャンピオン』
[2020年/ポーランド/5.1ch/91分]  
監督・脚本:マチェイ・バルチェフスキ 
撮影:ヴィトルド・プウォチェンニク 
音楽:バルトシュ・ハイデツキ
出演:ピョートル・グウォヴァツキ、グジェゴシュ・マウェツキ、マルチン・ボサック、ピョートル・ヴィトコフスキ、ヤン・シドウォフスキ
日本語字幕:渡邉一治 
配給・宣伝:アンプラグド
英題:The Champion of Auschwitz
© Iron Films sp. z o.o,TVP S.A,Cavatina GW sp.z o.o, Hardkop sp.z o.o,Moovi sp.z o.o

[上映時間]
*準備中

[公式サイト]
unpfilm.com/COA

ピックアップ記事

関連記事一覧