フランシス・ハ【2/26~3/11】

今後の上映作品
[上映日程]2/26~3/11(休映:2/28、3/7)

“ ハンパなわたしで生きていく。”

ノア・バームバック監督がいきいきと描きだす
モダンダンサーを夢見るフランシスの、
ちょっとビターな等身大ニューヨークライフ!

[INTRODUCTION]
ニューヨークを舞台に、モダンダンサーを目指しながらなかなか芽が出ない27歳の女性が、周囲の変化にとまどい奔走するドラマ。いつも一緒にいた親友とのルームシェアを解消することになり居場所を探して友人たちの間を転々とする中で主人公が自分の人生を見つめ直す姿を、モノクロ映像でユーモラスに描く。監督・脚本は、アカデミー脚本賞にノミネートされた監督作「イカとクジラ」のほか、「ライフ・アクアティック」「ファンタスティック Mr. Fox」などウェス・アンダーソン作品の脚本にも参加しているノア・バームバック。グレタ・ガーウィグが、ノア・バームバック監督とともに脚本を手がけたうえに、主人公の大人になりきれないダンサー志望の女性をのびやかに演じている。主題歌はデビッド・ボウイの「モダンラブ」。

[STORY]
流行の発信地とも言われるニューヨーク市ブルックリンで、モダンダンサーとして大舞台に立つことを夢見ているがなかなか芽が出ない27歳のフランシスは、親友のソフィとルームシェアをしている。お金はないけど楽しく日々を過ごしていた。しかしフランシスは恋人と別れた上に、ソフィが別の場所で他の友人と同居をはじめ、住処をなくす。友人たちの間を転々とする中で、フランシスは周囲が大人らしくなっていることに焦りを覚え、自分の人生について見つめ直していく。

『フランシス・ハ』
[2012年/アメリカ/アメリカンビスタ/モノクロ/86分]
出演:グレタ・ガーウィグ、ミッキー・サムナー、アダム・ドライバー
監督:ノア・バームバック
脚本:ノア・バームバック、グレタ・ガーウィグ
主題歌:デヴィッド・ボウイ「モダンラブ」
原題:Frances Ha
配給:エスパース・サロウ
(C)Pine District, LLC.

[鑑賞料金]
一般¥1,500 *その他通常通り

ピックアップ記事

関連記事一覧