瞳をとじて【8/2~14】

今後の上映作品
[上映日程]8/2~14(休映:8/5~6、13)

『ミツバチのささやき』の巨匠ビクトル・エリセが贈る
31年ぶりの長編新作にして集大成、遂に公開!

かつての親友は、なぜ姿を消したのか———。
未完のフィルムが呼び起こす、記憶をめぐるヒューマンミステリー

[INTRODUCTION]
1985年、伝説のミニシアター“シネ・ヴィヴァン・六本木”で記録的な動員を打ち立て社会現象を巻き起こし、今もなおタイムレスな名作として多くの映画ファンの「人生ベスト」に選ばれる『ミツバチのささやき』のビクトル・エリセ監督が、第76回カンヌ国際映画祭で31年ぶりの長編新作をカンヌプレミア部門にて発表。御年83歳、スペインが誇る伝説の巨匠復活のニュースに世界が騒然、待望の新作に歓喜する声が溢れた。カンヌで公開されると、「エリセの切実で完璧な帰還」(VARAETY)、「30年以上待つだけの価値ある傑作」(eCartelera)と評されるなど、絶賛を集めた。長らくの不在を経て語られるのは、元・映画監督と謎の失踪を遂げたかつての人気俳優、ふたりの記憶をめぐる【人生】 と【映画】の物語。監督のデビュー作『ミツバチのささやき』撮影当時5歳で見出され主演に抜擢されたアナ・トレントが50年ぶりに同じく“アナ”の名前を持つ女性を演じることも話題となりファンを再び沸かせている。彼女はかつて失踪した元人気俳優の娘役という重要な役どころを演じる。

[STORY]
映画『別れのまなざし』の撮影中に主演俳優フリオ・アレナスが失踪した。それから22年、当時の映画監督でありフリオの親友でもあったミゲルはかつての人気俳優失踪事件の謎を追うTV番組から証言者として出演依頼を受ける。取材協力するミゲルだったが次第にフリオと過ごした青春時代を、そして自らの半生を追想していく。そして番組終了後、一通の思わぬ情報が寄せられた。 「フリオによく似た男が海辺の施設にいる」──。

『瞳をとじて』
[2023年/スペイン/ビスタ/4K 5.1chデジタル/169分]
監督・脚本:ビクトル・エリセ
出演:マノロ・ソロ、ホセ・コロナド、アナ・トレント
原題:Cerrar los ojos/英題:Close your Eyes
字幕翻訳:原田りえ
© 2023 La Mirada del Adiós A.I.E, Tandem Films S.L., Nautilus Films S.L., Pecado Films S.L., Pampa Films S.A.

[上映時間]
*準備中

▼こちらも合わせてご鑑賞ください!
『瞳をとじて』公開記念ビクトル・エリセ特別上映

ミツバチのささやき/エル・スール【8/2~】*『瞳をとじて』公開記念ビクトル・エリセ特別上映

ピックアップ記事

関連記事一覧

Facebook