aftersun/アフターサン【2/23~3/7】*2月のPICK UP MOVIE

現在上映中の作品
[上映日程]2/23~3/7(休映:2/26、3/4)

“ 最後の夏休みを再生する ”

20年前のビデオテープに残る、11歳の私と父とのまばゆい数日間。
———あの時、あなたの心を知ることができたなら。

[INTRODUCTION]
11歳のソフィが父親とふたりきりで過ごした夏休みを、その20年後、父と同じ年齢になった彼女の視点で綴る『aftersun/アフターサン』2022年カンヌ国際映画祭での上映を皮切りに話題を呼び、A24が北米配給権を獲得。多くのメディアが“ベストムービー”に挙げるなど、勢いはとどまらず、若くして娘を持つ、繊細な父親を演じたポール・メスカルがアカデミー賞主演男優賞のノミネートを果たす。監督・脚本は、瑞々しい感性で長編デビューを飾った、スコットランド出身の新星シャーロット・ウェルズ。
多くを語らず、ミニマリスティックな演出で、観る者に深い余韻をもたらす本作は、誰しもの心の片隅に存在する、大切な人との大切な記憶を揺り起こす。もし、あの頃、ひとりの人間として、内なる父を知ることができたなら。クイーン&デヴィッド・ボウイ「アンダー・プレッシャー」、ブラー「テンダー」等のヒットソングに彩られながら、まばゆさとヒリヒリとした痛みを焼きつける、いつまでも忘れ得ぬ一編がここに誕生した。

[STORY]
「太陽が見えたら、たとえ離れ離れでも一緒にいるのと同じ」
思春期真っただ中のソフィは、離れて暮らす若き父・カラムとトルコのひなびたリゾート地にやってきた。輝く太陽の下、カラムが入手したビデオカメラを互いに向け合い、親密な時間をともにする。20年後、カラムと同じ年齢になったソフィは、ローファイな映像のなかに大好きだった父の、当時は知らなかった一面を見出してゆく……。

『aftersun/アフターサン』
[2022年/イギリス・アメリカ/ビスタ/5.1ch/101分]G
監督・脚本:シャーロット・ウェルズ
出演:ポール・メスカル、フランキー・コリオ、セリア・ロールソン・ホール
プロデューサー:バリー・ジェンキンス、ほか
配給:ハピネットファントム・スタジオ
© Turkish Riviera Run Club Limited, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute & Tango 2022

[上映時間]

2月の PICK UP MOVIE !

▼こちらも合わせてご鑑賞ください!
ソフィア・コッポラが描く父と娘の優しいひととき『SOMEWHERE』を35mmオリジナルプリントにて上映!

SOMEWHERE【2/23~3/3】*35mmフィルム上映

ピックアップ記事

関連記事一覧

Facebook