パリの調香師 しあわせの香りを探して【2/27~3/12】

今後の上映作品
[上映日程]2/27~3/12(休映:3/4、8)

“ 人生を豊かにする調合は一つじゃない ”

嗅覚を失くしたわがまま天才調香師と、仕事も親権も取り上げられそうな崖っぷち運転手。
真逆な組み合わせは奇跡を起こすのか?!香水業界での再起をかけた爽やかな感動ドラマ。

[解説]
2020年6月、フランスの映画館営業再開初日に行われた深夜の先行プレミア上映には、待ちわびた観客が詰めかけ定員オーバー、急遽スクリーンを追加する熱狂の中、その後フランス興行成績No.1に輝いた本作。主人公は世界中のトップメゾンから依頼が殺到する天才調香師。人より優れた嗅覚を持つ身には通常の生活を送るだけでも刺激が強すぎるのに、香水の完成に合わせて披露パーティや、取材、プレス記者会見に追われ、常にプレッシャーにさらされる華やかな戦場。その世界で懸命に生きてきた気難しくも愛おしい調香師アンヌをフランスの名女優エマニュエル・ドゥヴォスがチャーミングに演じ、人付き合いの苦手なアンヌに対話の大切さを教え再起を手伝う運転手をグレゴリー・モンテルが絶妙のユーモアで演じる。そして知られざるトップ調香師の世界を描くにあたり、ディオールの撮影協力や、ジョー マローンで多くのヒット香水を手掛け現エルメスの専属調香師クリスティン・ナーゲルのアドバイスなど豪華で貴重な協力を得て、人生を豊かにする爽やかな感動作が完成した。

[あらすじ]
アンヌは、かつてディオールの香水“ジャドール”をはじめ数々の名作を作った天才調香師。しかし4年前、仕事のプレッシャーと忙しさで、突如、嗅覚障害になり地位も名声も失ってしまった。嗅覚が戻った現在はエージェントから紹介される企業や役所の地味な仕事だけを受け、他人と関りを持たず、パリの高級アパルトマンでひっそりと暮らしていた。そんな彼女に運転手として雇われたギヨーム。不器用だが人の良いギヨームは娘の共同親権を得るため、新しい住まいや仕事が欲しい。気難しいアンヌに戸惑いながらも、唯一率直にものを言うギヨームは気に入られ、少しずつアンヌの閉じていた心も開かれていく。ギヨームにも匂いを嗅ぎ分ける才能があることに気付き、ふたりは衝突しながらも協力して仕事をこなしていくように。やがてアンヌは再び香水を作りたいという思いを強くするが、突然また嗅覚を失ってしまう・・・

『パリの調香師 しあわせの香りを探して』
[2019年/フランス/フランス語/シネスコ/101分]
監督・脚本:グレゴリー・マーニュ
出演:エマニュエル・ドゥヴォス、グレゴリー・モンテル、セルジ・ロペス
原題:Les Parfums
配給:アット エンタテインメント
© LES FILMS VELVET – FRANCE 3 CINÉMA

◎公式サイト:parfums-movie.com

ピックアップ記事

関連記事一覧