生きちゃった【11/7~27】*上田市ロケ作品

今後の上映作品
[上映日程]11/7~27(休映:11/9、16、21)

“ すごく 今でも ずっと ”

「愛」を言えない男。「愛」を聞きたい女。「愛」を見守る男。──観る者すべての魂を激しく震わせる。

[解説]
『舟を編む』『夜空はいつでも最高密度の青色だ』『町田くんの世界』の石井裕也監督が自身のオリジナル脚本を仲野太賀、若葉竜也、大島優子のキャストで映画化。平凡な日々を送っていた男が妻の不貞に遭遇したことをきっかけに、運命の歯車が大きく狂い出していく。「映画製作の原点回帰」をコンセプトに、各映画製作者たちに同額の予算を割り当て新作を撮る「B2B(Back to Basics)A Love Supreme」というプロジェクトのもとで製作された。

[あらすじ]
幼馴染の厚久と武田。そして奈津美。学生時代から3人はいつも一緒に過ごしてきた。そして、ふたりの男はひとりの女性を愛した。30歳になった今、厚久と奈津美は結婚し、5歳の娘がいる。ささやかな暮らし、それなりの生活。だがある日、厚久が会社を早退して家に帰ると、奈津美が見知らぬ男と肌を重ねていた。その日を境に厚久と奈津美、武田の歪んでいた関係が動き出す。そして待ち構えていたのは壮絶な運命だった。

『生きちゃった』
[2020年/日本/ビスタ/カラー/91分]R15+
出演:仲野太賀、大島優子、若葉竜也
監督・脚本・プロデューサー:石井裕也
制作:RIKIプロジェクト、ビッグアーチ
配給:フィルムランド
(C)B2B, A LOVE SUPREME & COPYRIGHT @HEAVEN PICTURES All Rights Reserved

◎公式サイト:ikichatta.com

◎ロケ地:本作は株式会社バリューブックスの上田原倉庫(上田市内)にて撮影が行われました。

ピックアップ記事

関連記事一覧