マリア 怒りの娘【順次】*特典付前売鑑賞券販売中

今後の上映作品
[上映日程]順次(休映:未定)

“ 生きるために、少女は夢を見た ”

苛酷な環境でも母と幸せに暮らしていた少女。しかし、街に出かけた母は戻らなかった———
長編映画はわずか数本、ニカラグアから誕生した鮮烈なデビュー作

[INTRODUCTION]
独裁政権や内戦が続いた影響で経済が停滞し、世界でも最貧国の一つとされる中米ニカラグア。国内で製作された長編映画は数本のみで、本作『マリア 怒りの娘』は、ニカラグア出身の女性監督による初めての長編映画である。本作のローラ・バウマイスター監督は、1983年ニカラグアに生まれ、メキシコの国立映画学校で学んだ。2014年に制作した短編『Isabel Im Winter』が、その年のカンヌ国際映画祭批評家週間に選出された実績を持つ。初の長編となる本作では、ニカラグア最大級のゴミ捨て場ラ・チュレカを舞台に、母の不在に直面しその葛藤を乗り越えていく少女マリアの姿を、内なる世界を幻想的に交えながら描く。主人公マリアを演じたのは、演技未経験だったアラ・アレハンドラ・メダル。パンデミックによる撮影延期により元々予定していた俳優がマリア役に合わなくなり、エキストラのオーディションに参加していたアラに白羽の矢が立った。主人公と似た境遇で生まれ育ったというアラが、母を思い、言葉にならない怒りを募らせるマリアを圧倒的な存在感で演じている。

[STORY]
11歳のマリアは、湖に隣接する広大なゴミ集積場の近くで、母親のリリベスと共にゴミ収集をしながら暮らしている。政府がゴミ収集事業の民営化を決定した影響で生活がさらに苦しくなったリリベスは、街の組織と取引をし、飼い犬を売って生計の足しにしようとするが、不測の事態により取引ができなくなってしまう。トラブルを解決するため、リリベスは知人夫婦が営むリサイクル施設にマリアを預け、ひとり街へと出かけていく。「すぐに戻る」という母の言葉を信じて待つマリアだったが、母は何日経っても戻らない。マリアは戸惑い、混乱し、言葉にならない怒りを募らせていく。周囲に馴染もうとせず孤立するが、マリアを心配し気にかけてくれる少年タデオに少しずつ心を許していく。しかし母への思いは日増しに募り、タデオの助けを得て施設から抜け出し、母を捜す旅に出る。

『マリア 怒りの娘』
[2022年/ニカラグア・メキシコ・オランダ・ドイツ・フランス・ノルウェー・スペイン/スペイン語/1.66:1/ドルビー5.1ch/91分]G
監督:ローラ・バウマイスター
出演:アラ・アレハンドラ・メダル、バージニア・セビリア、カルロス・グティエレス、ノエ・エルナンデス、ダイアナ・セダノ
日本語字幕:田渕貴美子
原題:LA HIJA DE TODAS LAS RABIAS 
配給:ストロール
© Felipa S.A. – Mart Films S.A. de C.V. – Halal Scripted B.V. – Heimatfilm GmbH + CO KG – Promenades Films SARL – Dag Hoel Filmprooduksjon as – Cardon Pictures LLC – Nephilim Producciones S.L. ‒ 2022

[上映時間]
*準備中

[公式サイト]
strollfilms.com/daughter

ピックアップ記事

関連記事一覧

Facebook