泣いたり笑ったり【1/21~】

今後の上映作品
[上映日程]1/21~(休映:未定)

“ やっかいだけど 愛してる。”

セレブ紳士トニ × 海の男カルロ
一筋縄ではいかない恋のゆくえは?

南イタリアの港町ガエータを舞台に、対照的な2つの家族の父親同士の再婚が巻き起こすひと夏の大騒動。

[INTRODUCTION]
人生を情熱的に、そしてハッピーに謳歌する代表国イタリアから、“これぞ、人生!”と快哉を叫びたくなる、大人の「恋と家族」の物語がやってきた。
監督・共同原案を手掛けたのは、イタリアで376館で43週間ロングランの大ヒットを飛ばした本作で2019年ナストロ・ダルジェント賞コメディ作品賞にノミネートされた注目の気鋭シモーネ・ゴーダノ。セクシーな海の男・カルロに扮したのは『盗まれたカラヴァッジョ』(18)のアレッサンドロ・ガスマン、元恋人や娘を泣かせてきた身勝手ながらも憎めないインテリ老紳士トニ役に『人間の値打ち』(13)のファブリツィオ・ベンティヴォッリオ、2人を引き裂こうと奔走するトニの娘ペネロペ役に本作で伊ゴールデングローブ賞主演女優賞受賞のジャスミン・トリンカと、豪華なキャスト陣にも注目!
日本でも人気急上昇中のロックバンド、マネスキンの「Torna a Casa」をはじめ、アリス・マートンの「No Roots」やアメリカのポップバンド、Saint Motelの「My Type」などのヒットソングで彩りながら、バカンスにピッタリな音楽で物語を盛り上げるのは、『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』(14)や『天空の結婚式』(18)など、数々のヒット作の世界観を作り上げてきたアンドレア・ファッリ。

[STORY]
バカンスを過ごすため南イタリアの港町ガエータの別荘を訪れたのは、快楽的に人生を享受する裕福なカステルヴェッキオ家と、代々漁師の労働者階級のぺターニャ家。価値観や家族観もまるで対照的な2つの家族を待ち受けていたのは、両家の父親トニとカルロの再婚の知らせだった。父親にひとかたならぬ思いを抱く、双方の家族は大混乱!元恋人や娘、息子たち、果ては両家の孫まで巻き込んで、バカンスは予測不能な大騒動に。果たして両家の諍い、トニとカルロの恋の行方は──。

『泣いたり笑ったり』
[2019年/イタリア/イタリア語・フランス語/2.35:1/5.1ch/100分]
監督:シモーネ・ゴーダノ
出演:アレッサンドロ・ガスマン、ジャスミン・トリンカ、ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ、フィリッポ・シッキターノ
原題:Croce e delizia/英題:An Almost Ordinary Summer
字幕:山田香苗
特別協力:イタリア文化会館
後援:イタリア大使館 
提供:日本イタリア映画社
配給:ミモザフィルムズ 
© 2019 Warner Bros. Entertainment Italia S.r.l. – Picomedia S.r.l. – Groenlandia S.r.l.

[上映時間]
*準備中

[公式サイト]
mimosafilms.com/naitari

ピックアップ記事

関連記事一覧