ゴヤの名画と優しい泥棒【7/2~15】

今後の上映作品
[上映日程]7/2~15(休映:7/4、11)

“ 公爵さん、お借りします ”

ナショナル・ギャラリーで起きた、ゴヤの「ウェリントン公爵」盗難事件。
これは、イギリス中を巻き込んだ嘘のような感動の実話。

[INTRODUCTION]
誰もが虜になるチャーミングな主人公に名優ジム・ブロードベント。そして長年連れ添った妻を演じるのはヘレン・ミレン。イギリスを代表するオスカー俳優の共演による、ユーモアあふれる軽妙な夫婦の会話劇も見どころのひとつ。また、『ダンケルク』の好演が記憶に新しいフィオン・ホワイトヘッドが息子役を演じ、そのフレッシュな魅力も見逃せない。監督は2021年9月、惜しまれながら逝去し、本作が長編遺作となった『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェル。名画で世界を救おうとした男が、人々に優しく寄り添う姿を描く、爽やかな感動作が誕生した。

[STORY]
世界中から年間600万人以上が来訪・2300点以上の貴重なコレクションを揃えるロンドン・ナショナル・ギャラリー。1961年、“世界屈指の美の殿堂”から、ゴヤの名画「ウェリントン公爵」が盗まれた。この前代未聞の大事件の犯人は、60歳のタクシー運転手ケンプトン・バントン。孤独な高齢者が、TVに社会との繋がりを求めていた時代。彼らの生活を少しでも楽にしようと、盗んだ絵画の身代金で公共放送(BBC)の受信料を肩代わりしようと企てたのだ。しかし、事件にはもう一つの隠された真相が・・・。当時、イギリス中の人々を感動の渦に巻き込んだケンプトン・バントンの“優しい嘘”とは−!?

『ゴヤの名画と優しい泥棒』
[2020年/イギリス/英語/シネマスコープ/5.1ch/95分]
監督:ロジャー・ミッシェル
出演:ジム・ブロードベント、ヘレン・ミレン、フィオン・ホワイトヘッド、アンナ・マックスウェル・マーティン、マシュー・グード
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
原題:THE DUKE
日本語字幕:松浦美奈
©PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020

[上映時間]
*準備中

ピックアップ記事

関連記事一覧