地獄の黙示録 ファイナル・カット【2/11~17】*特別興行作品

今後の上映作品
[上映日程]2/11~17(休映:2/13)

“ ここが、終着点。”

コッポラ監督が再編集と新たなデジタル修復を施した
最終版が本邦初公開!CGなしの衝撃を体感せよ!

[INTRODUCTION]
アカデミー賞®賞受賞監督フランシス・フォード・コッポラが、ベトナム戦争の闇を壮大なスケールで描いた戦争大作『地獄の黙示録』。製作40周年を記念して、コッポラ監督自ら、1979年の劇場公開版より30分長く、全てを盛り込んだ2001年の特別完全版より20分短いバージョンに再編集し、新たなデジタル修復を施した。映像は撮影時のオリジナル・ネガフィルムを初めて使用、音声は劇場公開版のプリントマスターを使用したことで、コッポラが長年望んでいた没入感や臨場感を実現。細部までくっきりと映し出される明るくクリアな映像と、ヘリコプター、投げ槍、ナパーム弾、爆発などの超低音が内臓を揺さぶる、迫力あるサウンドを体感できる。

[STORY]
1960年代末、ベトナム戦争が激化する中、アメリカ陸軍のウィラード大尉は、軍上層部から特殊任務を命じられる。それは、カンボジア奥地のジャングルで、軍規を無視して
自らの王国を築いているカーツ大佐を暗殺せよという指令だった。ウィラードは4人の部下と共に、哨戒艇でヌン川をさかのぼる。

『地獄の黙示録 ファイナル・カット』
[2019年/アメリカ/スコープサイズ/182分]PG-12 
出演:マーロン・ブランド、ロバート・デュヴァル、マーティン・シーン、ローレンス・フィッシュバーン、ハリソン・フォード、デニス・ホッパー
監督:フランシス・フォード・コッポラ
脚本:ジョン・ミリアス、フランシス・フォード・コッポラ
ナレーション:マイケル・ハー
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
編集:リチャード・マークス
音響デザイン:ウォルター・マーチ
音楽:カーマイン・コッポラ、フランシス・フォード・コッポラ
製作:フランシス・フォード・コッポラ
翻訳:戸田奈津子
配給:KADOKAWA
©2019 ZOETROPE CORP. ALL RIGHTS RESERVED.

[鑑賞料金]
本作は特別興行作品につき、年間パスポート・回数券・福利厚生チケット、招待券、MTAチケットは利用できません。
映劇特別会員の皆様は一律¥1,000にてご案内させて頂きます。

ピックアップ記事

関連記事一覧