世界から希望が消えたなら。【10/18~11/22】

現在上映中の作品
[上映日程]10/18~11/22(休館日:10/22~23、26~27、11/1~3、9~10)

“ 真実は、絶対に死なない。”

[解説]
仕事の重圧、家族とのすれ違い、そして病気──。ほとんどの人が乗り越えられない「中年期の絶望」、その苦しみから這い出し、自らの使命にめざめ、世界の人びとのために命を懸ける“本当のヒーロー”の姿を描いた本作。脚本は大川咲也加、主人公・御祖(みおや)真(まこと)には映画主演に初挑戦した竹内久顕。その妻、磯子役にさとう珠緒、真を支える秘書・千眼美子らが共演。そして田村亮、芦川よしみ、石橋保ら実力派俳優が脇を固める。「人生の意味」や「本当の愛」とは何かを問いかける、不思議な感動に満ちた傑作が誕生した。

[あらすじ]
ベストセラー作家であり、自ら出版社を経営している御祖真。妻や三人の子供にも恵まれ充実した日々を過ごしていた彼には、誰にも言えない“秘密”があった。そんなある日、帰宅途中に胸の苦しみを感じた真は、外の空気を吸うために庭園を散歩する。そこでは結婚式が行われていた。娘の将来の花嫁姿を思い浮かべた矢先、激しい心臓発作に襲われその場に倒れてしまう。意識を失いかけた真の手には、トルストイ著『復活』が握られていた。緊急搬送された病院で医師から告げられたのは、無常にも“死の宣告”だった。

『世界から希望が消えたなら。』
[2019年/日本/カラー/118分]
製作総指揮・原案:大川隆法
出演:竹内久顕、千眼美子、さとう珠緒、芦川よしみ、石橋保、木下渓、小倉一郎、大浦龍宇一、河相我聞、田村亮 
監督:赤羽博
音楽:水澤有一
脚本:大川咲也加
製作:幸福の科学出版
製作協力:ARI Production ニュースター・プロダクション
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
配給:日活 
配給協力:東京テアトル
©2019 IRH Press

◎公式サイト: sekai-kibou.jp

ピックアップ記事

関連記事一覧