リッちゃん、健ちゃんの夏。【11/6~12】*併映『春』

今後の上映作品
[上映日程]11/6~12(休映:11/8)

“ 神様は、いますか? ”

長崎の離島、黒島。
昔、潜伏キリシタンがいた十字架(クルス)の島。
ここで自給自足の暮らしをするリッちゃんと健ちゃんにはある秘密があった。

[解説]
2018年に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産に登録された「黒島の集落」を舞台に、女子中学生と国語教師の淡い恋のラブストーリーが誕生した。 渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保のオリジナル短編映画として佐世保市で制作された本作で、大森監督は、愛の強さを試される女子中学生と国語教師の特別な関係性を描く。 あいち女性国際映画祭ほか3つの映画祭にてグランプリを受賞し、文化庁メディア芸術祭2020 審査員推薦作品に選ばれた本作の劇場公開が遂に決定。中学生の主人公・リッちゃんを演じるのは、現在カネボウ「KATE」などのモデルを務めており、撮影当時は大学1年だったという武イリヤ。国語教師の健ちゃん役でこちらも映画初主演作となったのは、『ナポレオンと私』の笈川健太。黒島の美しい実景を優しく彩る、寺尾紗穂の主題歌『あの日』も必聴である。

[あらすじ]
佐世保市在住の中学2年生のリッちゃんは、両親の離婚で、2学期から東京への転校が決まっている。夏休みの間に、恋する国語教師の健ちゃんを追って黒島にやってきたリッちゃん。迫害された潜伏キリシタンが逃げた黒島で、死んでもいいと思うほど愛する健ちゃんとの淡い恋は実るのか…

『リッちゃん、健ちゃんの夏。』
[2019年/日本/30分]
出演:武イリヤ、笈川健太
監督・脚本:大森歩
主題歌:「あの日」寺尾紗穂 P-VINE RECORDS
©渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保2019 AOI Pro.

[公式サイト]
haru-natsu-movie.jp/natsu

[鑑賞料金]
併映の『春』と合わせて(一般)¥1,500/その他通常通り

 

ピックアップ記事

関連記事一覧