ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ

今後の上映作品

[上映日程]3/30~4/3、5~7、9~12

“ニューヨークがニューヨークであるために、なくてはならない町の今”

巨匠フレデリック・ワイズマンによる“町ドキュメンタリー”の傑作
ニューヨーク、ジャクソンハイツ──167の言語が話される世界で最もカラフルな町。

[解説]
巨匠フレデリック・ワイズマンの40作目となるドキュメンタリー作品で、さまざまなマイノリティが集まるニューヨークの下町ジャクソンハイツにカメラを向けた。ニューヨーク市クイーンズ区の北西に位置するジャクソンハイツには、世界中からの移民とその子孫が暮らし、167もの言語が話されている。教会、モスク、シナゴーグといった宗教施設、レストラン、コインランドリーなど、町に点在するさまざまな場所。この町に生きる地域ボランティア、セクシャル・マイノリティ、不法滞在者、再開発の波にのまれる商店主たち。町に生きる人びとの語らいや踊り、祈りなど、ワイズマンの視点によって切り取られた場所や人びとからジャクソンハイツという「町」が描かれる。

『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』
[2015年/アメリカ=フランス/カラー/189分]
監督・録音・編集・製作: フレデリック・ワイズマン
配給: チャイルド・フィルム/ムヴィオラ
© 2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

公式サイト: http://child-film.com/jackson/

ピックアップ記事

関連記事一覧