ぼくと魔法の言葉たち【順次】*トークイベント付

今後の上映作品
[上映日程]順次

“信じて、きっとできる。”

世界中の映画祭で笑顔と涙の大喝采!
ディズニー・アニメーションを通じて、奇跡を起こした家族の記録
言葉をなくした少年を変えたのは、家族の愛とディズニーのキャラクターたちだった!

[解説]
自閉症により2歳で突如言葉を失った少年に起きた奇跡を描くドキュメンタリー。何も話さなかった彼が、ディズニーアニメを通じて少しずつ家族と会話するようになり、やがて自立するまでの過程を描写する。家族の愛に支えられながら、成長していく少年の物語が胸に迫る。劇中にはディズニー社から異例の使用許諾を受け、『白雪姫』や『ダンボ』『美女と野獣』『ヘラクレス』などディズニーアニメの名作たちが数多く登場する。

[あらすじ]
サスカインドの次男オーウェンが2歳から言葉を失い、コミュニケーションが取れなくなってしまった。オーウェンが発するモゴモゴとした意味不明の言葉の正体が、彼が毎日擦り切れるほど見ていたディズニー映画「リトル・マーメイド」に登場するセリフであることに気づいた父ロンは、息子の好きなディズニーのキャラクター、オウムのイアーゴのぬいぐるみを手に取り、身を隠しながらオーウェンに語りかける。父の問いかけに言葉を返すオーウェン。その時、オーウェンは7歳になっており、5年ぶりに耳にした息子の言葉に涙をこらえながら、両親はディズニー映画を通じてオーウェンの言葉を取り戻すための作戦を練る。

『ぼくと魔法の言葉たち』
[2016年/アメリカ/英語/91分]
監督:ロジャー・ロス・ウィリアムズ
原作:「ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと」(ビジネス社・刊)
製作:ジュリー・ゴールドマン、ロジャー・ロス・ウィリアムズ
出演:オーウェン・サスカインド、ロン・サスカインド、コーネリア・サスカインド、ウォルト・サスカインド
原題:Life, Animated
日本語字幕:松浦美奈
後援・字幕監修:一般社団法人日本自閉症協会
©2016 A&E Television Networks, LLC. All Rights Reserved.

≪文部科学省 特別選定作品(一般非劇映画/青年向き、成人向き)≫
≪平成28年度 厚生労働省 社会保障審議会 特別推薦 児童福祉文化財≫

◎公式サイト:transformer.co.jp/m/bokutomahou

ピックアップ記事

関連記事一覧