巡礼の約束【7/11~24】

今後の上映作品
[上映日程]7/11~24(休映:7/13、20)

はるか昔から 人々が祈り 歩きつづけた巡礼の道。
いま妻から夫へ、父から息子へ 過去をのりこえ こころをつなぐ。

美しくも峻烈な風景のもと、聖地ラサへ旅する家族を描く
チベット人監督ソンタルジャの傑作。

[解説]
第21回上海国際映画祭で審査員大賞・最優秀脚本賞を受賞したドラマ。チベット人歌手のヨンジョンジャが企画と主演を務め、聖地巡礼に向かう家族を描く。亡き前夫との約束を果たすため厳しい旅を続ける妻と彼女を追う夫、夫と血のつながりのない息子が紡ぐ物語を映し出す。『草原の河』で注目されたソンタルジャが監督を担当した。

[あらすじ]
山あいの村で、夫のロルジェ、ロルジェの父と暮らすウォマ。病院である事実を告げられたウォマは、聖地ラサへの五体投地での巡礼旅に、一人で行くと決意する。半年以上もかかる巡礼の旅に、初めは反対していたロルジェだが、ウォマの固い決意にラサ巡礼を受け入れる。しかし妻の決意にはある秘密があった。旅に出た妻を追ってくる夫。そして妻の実家に預けられ、心を閉ざしていた前夫との息子もやってきた。後悔、嫉妬、わだかまりを抱えながらも、少しずつ結びついていく三人。しかし、そんなある日、ウォマがついに倒れてしまう…

『巡礼の約束』
[2018年/中国/チベット語/シネスコ/109分]
監督:ソンタルジャ
プロデューサー:ヨンジョンジャ
脚本:タシダワ、ソンタルジャ
出演:ヨンジョンジャ、ニマソンソン、スィチョクジャ
中国語題:阿拉姜色
英語題:Ala Changso
字幕:松尾みゆき
字幕監修:三宅伸一郎
配給:ムヴィオラ
©GARUDA FILM

◎公式サイト:moviola.jp/junrei_yakusoku

関連記事一覧