T-34 レジェンド・オブ・ウォー【1/14~24】

今後の上映作品
[上映日程]1/14~24(休映:1/16、20)

“ 宿敵を、撃て。”

全露No.1メガヒット!
〈新次元〉戦車アクション・エンターテインメント!!

[解説]
第2次世界大戦時、ナチスの捕虜になったソ連兵が、たった4人の味方と一台の戦車で敵の軍勢に立ち向かう姿を描いたロシア製戦車アクション。ナチスドイツの捕虜収容所を舞台に、ソ連の捕虜兵たちがナチスに抵抗する姿を描く。本物のソ連製戦車T-34を使用し、役者が自ら操縦した。『バーフバリ王の凱旋』のVFXを手掛けたFilm Direction FXを筆頭に、ロシア最先端の映像技術で描くアクションシーンが見どころ。

[あらすじ]
第2次世界大戦下、ソ連の新米士官イヴシュキンは初めて出た前線の戦いで敗れ、ナチス・ドイツ軍の捕虜となってしまう。イヴシュキンが戦車の指揮をしていたことを知った敵軍は、収容所で行われているナチスの戦車戦演習のため、ソ連軍の戦車T-34の操縦をイヴシュキンに命じる。しかし、与えられたT-34は実弾を装備せず、演習では敵の砲火から逃げ惑うことしかできない。確実に死が待ち受ける演習を前に、T-34の整備を命じられたイヴシュキンは、仲間とともに無謀な脱出計画を立て、実行に移す。

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』
[2018年/ロシア/ロシア語・ドイツ語/113分]
監督・脚本:アレクセイ・シドロフ
製作:ニキータ・ミハルコフ、ルベン・ディシュディシャン、アントン・ズラトポリスキイほか
出演:アレクサンドル・ペトロフ、イリーナ・ストラシェンバウム、ヴィンツェンツ・キーファー、ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ、アントン・ボグダノフほか
原題:T-34
配給:ツイン
© Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

◎公式サイト: t-34.jp

ピックアップ記事

関連記事一覧