ラスト・ムービースター

今後の上映作品
[上映日程]12/10~22(休映:12/16)

“ 人生のあらすじは、途中で変えられる。”

気鋭の映画製作スタジオA24が贈る、映画愛に溢れた珠玉の1本。
稀代の映画スター、バート・レイノルズが自身をモデルにした主人公を熱演。

[解説]
『脱出』『トランザム7000』『ブギーナイツ』など数多くの作品に出演し、2018年9月に82歳で亡くなったバート・レイノルズの最後の主演作。劇中にレイノルズの過去作品が多数引用され、落ちぶれたスターという役柄をユーモアたっぷりに演じる。

[あらすじ]
かつて一世を風靡した映画界のスーパースター、ヴィック・エドワーズ(バート・レイノルズ)のもとに、ある映画祭から功労賞受賞の招待状が届く。歴代受賞者がデ・ニーロやイーストウッドだと聞いて、しぶしぶ参加したものの、騙しに近い名もない映画祭だと知ると、エドワーズは憤慨。だが、映画祭が行われていた場所は、彼が生まれ育った街ノックスビルの近く。運転主役のリル(アリエル・ウィンター)に命じて向かった先は、育った家、大学のフットボールで活躍したスタジアム、最初の妻にプロポーズした岸辺。自身の人生を振り返ったエドワーズは、ある行動を起こす。

『ラスト・ムービースター』
[2017年/アメリカ/英語/104分]PG12
監督・脚本:アダム・リフキン
出演:バート・レイノルズ
   アリエル・ウィンター、クラーク・デューク、エラー・コルトレーン、ニッキー・ブロンスキー、チェヴィー・チェイス
原題:THE LAST MOVIE STAR
配給:ブロードウェイ
© 2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC

◎公式サイト: lastmoviestar2019.net-broadway.com

ピックアップ記事

関連記事一覧