恋人はアンバー【2/4~】

今後の上映作品
[上映日程]2/4~(休映:2/6、ほか)

男性に恋するエディと、女性を愛するアンバー。期間限定で“恋人”のフリ!?
ふたりだから、自分に出会えた———。アイルランドが恋に落ちた、青春映画の傑作!

[INTRODUCTION]
アイルランドで2020年に封切られたのを皮切りに、各国で公開・配信され圧倒的な共感を集めた本作は米映画批評サイトRotten Tomatoesで94% freshを獲得(2022/9/22時点)。第17回アイリッシュ映画&テレビ賞(IFTA)で8部門ノミネート、2部門受賞の快挙を達成し、第32回ニューヨークLGBTQ映画祭「New Fest」特別賞を受賞。日本国内でも、第29回レインボー・リール東京、第31回 映画祭TAMA CINEMA FORUM、第20回EUフィルムデーズですでに上映が行われ、各回満席に。「ひたすらキュート」「涙腺崩壊した」「青春映画の傑作!」などSNS上でも絶賛のコメントが続々!
劇中音楽は『Once ダブリンの街角で』で知られるヒュー・ドラムが担当。挿入歌としてPULPの「Mile End」やU2の「All I Want Is You」など、UK・アイルランド発の名曲たちが全編を彩る。また、衣装は、本作でIFTAのコスチュームデザイン賞にノミネートされた、ジョアン・オクレイが担当。アイルランドならではの美しい風景と音楽・衣装そのすべてがマッチし、懐かしい90年代を切り取ったこの映画をよりエモーショナルに昇華させている。
閉鎖的な社会で自分らしく生きることを求めてもがきながら、特別な関係を築き成長していくエディとアンバー。彼らが最後に下す決断に、晴れやかな感動が押し寄せる──アイルランド中が恋に落ちた、最高にユーモラスでチャーミングな青春映画の傑作が、いよいよ日本上陸!

[STORY]
1995年、同性愛が違法でなくなってから2年後のアイルランド。同性愛者への差別や偏見が根強く残る田舎町で、自身がゲイであることを受け入れられない高校生・エディと、レズビアンであることを隠しているクラスメイトのアンバー。家族や同級生にセクシュアリティを悟られないように平穏に卒業を迎えるため、2人は“ニセモノの恋人”を演じることに!性格も趣味も全く違う2人だったが、ぶつかり合いながらも、悩みや夢、秘密を打ち明けるうちに、唯一ありのままの自分をさらけ出せる、かけがえのない存在になっていく。しかし、一緒に訪れた都会・ダブリンで、運命的な出会いによって新たな世界に触れた2人は、“理想的”だったこの関係にも終わりが近づいていることに気づいてしまい…。

『恋人はアンバー』
[2020年/アイルランド/ビスタ/5.1ch/92分]
出演:フィン・オシェイ、ローラ・ペティクルー、シャロン・ホーガン、バリー・ワード、シモーヌ・カービー
監督・脚本:デイヴィッド・フレイン
原題:Dating Amber
提供:Watcha Japan
配給:アスミック・エース  
© Atomic 80 Productions Limited/ Wrong Men North 2020, All rights reserved.   

[上映時間]

[公式サイト]
dating-amber.asmik-ace.co.jp

ご来場のお客様へ
本編には、一部、光に対して敏感なお客様がご覧になられた場合、光過敏性発作やてんかんの症状など、光感受性反応による諸症状を引き起こす可能性のあるシーン(光の点滅が続くシーン等)が含まれております。光に対する感受性は個々のお客様によって異なりますので、ご鑑賞いただく際には予めご注意ください。てんかんの症状がある方は、ご鑑賞に際して、注意深くご判断いただくようお願いいたします。
アスミック・エース株式会社

ピックアップ記事

関連記事一覧