盆唄

今後の上映作品
[上映日程]6/29~7/12(休映:7/4~5、8)

“過去から未来へ 海を渡り 時を超えるドキュメンタリー”
震災により長引く避難で存続の危機にある、故郷・福島県双葉町の伝統「盆唄」。
しかし、生きる土地が変わっても、100年以上福島の盆唄を唄い継ぐ人々がハワイにいた──。

[解説]
『ナビィの恋』などの中江裕司監督が、福島県双葉町の伝統芸能と、ハワイの日系文化にまつわる唄や音楽に迫ったドキュメンタリー。かつてハワイに移住した人々に福島の盆踊りが継承されていることを知った双葉の人々が、伝統を絶やすまいと奮闘するさまを映し出す。史実に基づくアニメーションパートの声を、余貴美子、柄本明らが担当している。

[あらすじ]
東日本大震災から4年が経過した2015年、避難所生活を送り続ける双葉町の人々は、先祖代々守り続けていた伝統「盆唄」消滅の危機に心を痛めていた。そんな中、100年以上前に福島からハワイへ移住した人々が伝えた盆踊りが「フクシマオンド」として現在も日系人に愛され続けていることを知る。自分たちの伝統を後世に伝えられる新たな希望を抱いた双葉町の人々は、盆唄を披露するべくマウイへ向かう。故郷とともにあった盆唄が、故郷を離れて生きる人々のルーツを明らかにしていく。

第19回 東京フィルメックス 特別招待作品
『盆唄』
[2018年/日本/カラー/134分]
監督:中江裕司
撮影監督:平林聡一郎
編集:宮島竜治、菊池智美
エグゼクティブプロデューサー:岡部憲治
プロデューサー:堀内史子
アソシエイトプロデューサー:岩根愛
アニメーション:池亜佐美
音楽:田中拓人
音楽プロデューサー:佐々木次彦
製作:テレコムスタッフ
配給:ビターズ・エンド
出演:福島県双葉町の皆さん、マウイ太鼓ほか
声の出演(アニメ―ション):余貴美子、柄本明、村上淳、和田聰宏、桜庭梨那、小柴亮太
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人 日本芸術文化振興会
©2018テレコムスタッフ

公式サイト: bitters.co.jp/bon-uta

ピックアップ記事

関連記事一覧